山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

建物の記憶 - 菅谷高殿 - 

700_5296.jpg


700_5317.jpg


700_5349.jpg


700_5383.jpg


日本に残る唯一の高殿様式の、たたら製鉄場。
その炉が入っている建物「菅谷高殿」。
なんだこの建物は。建物を見てゾクッと感じたのは初めてだった。
この建物は生きている、何故かそう思った。

木造柿葺(こけらぶき)の屋根もまた、茅葺きとは違った情緒がある。
菅谷高殿に隣接する「大どう場」「元小屋」も、雰囲気良い。


                                     島根県雲南市吉田町 「菅谷高殿」


700_5417.jpg


700_5427.jpg


700_5344.jpg

                                Ai Nikkor 45mm F2.8P  + Nikon D700





人気blogランキング にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事

コメント

なんとも雰囲気のある佇まいですね
木造柿葺っていうのもいい
土壁の朽ちた感じもいい・・・たまらんです(笑)

ぽん太 #dg8KrjFs | URL | 2012/05/25 14:00 * edit *

ぽん太さん>

でしょう(笑)
古民家も色々見てきましたが、(まあこの建物は古民家ではないですが(^^ゞ)
この建物には、凄味を感じました。
少し遠いですが、ぽん太さんも行ってみて下さい。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/25 21:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/05/26 13:23 * edit *

たたらの置いてある建物ってどんなのか想像できませんでしたが、こんな風情のある建物に入ってたんですね。
こういう建物は保存すると同時に、現在も同じような建物が沢山見られると良いなと思いますね。
屋根が大きくて広々としている感じは、何となくフランスの地方の家のようでもあります。雰囲気がちょっと似てます。

次回はいよいよたたらですね。楽しみだなー(爆)

ボンジュール #- | URL | 2012/05/26 21:42 * edit *

鍵コメさん>

おお、良いモノを購入されましたね^^
こちらこそ、よろしくお願いします。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/26 21:48 * edit *

ボンジュールさん>

この建物が一種の工場のような物ですから結構広いですよ。
火を使う訳ですから、中の天井も高いです。
なんとなく、ヨーロッパの古い建物にも似てるかもしれませんね(笑)

今回で、たたら関係の記事は終わりです(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/26 21:52 * edit *

ゆるポタさん おはようございます
隣町のはずなのに見た事のない風景ばかり(笑)
風景も長閑で良いのですが、やはり気になるのは四枚目です
こんな風に弧を描くような作られているんですね
おそらくは手作業のはず、これはお見事!


ケンケン #rolxWucI | URL | 2012/05/27 07:10 * edit *

なかなか重厚感のある建物ですね。
4枚目の、湾曲線でできた木の壁が私も気になりますね。
わざわざ曲げなくても、まっすぐの方が作業もしやすかったろうに(笑)

たたら関係の記事はこれで終わりですか。
はて、etc…という花は見えないようだが(爆)

ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 2012/05/27 14:35 * edit *

ケンさん>

ケンさん、今晩は。

>隣町のはずなのに見た事のない風景ばかり

ほんとにね~(爆)何故に私が貴方の地元紹介を(爆)
この木板の壁なんですが、私はワザとではなく、
こんな板しかなかったのではないかと推測しています。
この壁のごく一部分だけ、この湾曲した板が使われてます。
近くなんですから、行って調査してきて下さい(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/27 20:15 * edit *

ヲアニーさん>

神社では無いのですが、なんか神聖さを感じる建物でした。
土壁がなんともいえません。

上でも書きましたが、わざわざ曲げて使った訳ではないような気がしてます。
この曲がった板が印象的だったので、わざと強調して撮りましたが
全体的に眺めると、一部だけ曲がっていると違和感があります(爆)

たたらの話しはこれで終わりますが、別の話しがまだあるんです(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/27 20:21 * edit *

「この建物は生きている」良い言葉ですね
ある種のパワースポットでしょうか
それともゆるポタさんが撮ると命が吹き込まれるのでしょうかね^^

P.S.
「絶唱」は溝口町出身の大江賢次の小説で何度も映画化されています
いわゆる身分違いの悲哀物語なのですが、
その中にでてくる大地主のモデルが吉田村の田部家と言われています
ちなみに映画化するときに映画撮影を田部家は断ったそうで、かわりに糸原家の方で行ったという事です

いつか見た風景 #mQop/nM. | URL | 2012/05/27 21:15 * edit *

いつか見た風景さん>

いやいや、命が吹き込まれるはずもないです^^;
何故かそう感じたんですよね。

ほほ~ 映画でしたか。ご説明ありがとうございます。
さすがにこの手の情報はお詳しいですね(笑)
映画は好きですが、悲哀物語はちょっと苦手ですね(^^ゞ

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/27 22:04 * edit *

見事なショットの連続です。

当初、完璧な直線で構成され無機質であったであろう高殿。
時と熱による静かながら強いひずみが生じ、ある日命が誕生したかよう。
ゆるポタさんの文に導かれ、そう感じました。

湾曲した材木は朽ちた水車を再利用したのではないでしょうか?

みだめ #- | URL | 2012/05/27 23:17 * edit *

みだめさん>

ありがとうございます(^^ゞ
年月を重ねるにつれ、この建物もまた鍛えられてきたのかもしれませんね。
この建物有ってこそのたたらだと思います。

>朽ちた水車

みだめさん!鋭い!
まさにそうですね。これは水車のパーツですね。
謎が一つ解けました。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/28 21:22 * edit *

杮葺きイイですね^^
「菅谷高殿」いずれ訪れてみたいですね~

MAD #91/TeGyg | URL | 2012/05/30 19:30 * edit *

MADさん>

柿葺きは余り見かけませんが、味がありますよね。
大きな建物ほど良いと思います。
是非、訪れてみて下さい。全国でここだけですしね。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2012/05/31 01:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/560-eac149df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。