山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

名水を走る - 塩釜の冷泉 - 

塩釜の冷泉 1

塩釜の冷泉 2

蒜山高原自転車道の高原ルートを走っていると、名水百選の一つ「塩釜の冷泉」を見て回れる。

天の真名井で感激していたので、この名水百選も期待して行ったのだが、
思ったより規模が小さく、ただ静かに池の中から水が湧き出ていた。

湧き水量も減ってしまったのか、とても水量豊富とは言えないように思えた。
(取水禁止の看板まであった。汲んでる人は居たけど^^)
色々な所に水を引きすぎなのではないかと思った。

(クリック 拡大)
          塩釜の冷泉周辺図


・うーむ、何と言えばいいのか・・・感想書くのが難しい所である。
 
 名水度:★★

関連記事
thread: 岡山県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

コメント

またマイナスイオン&アルファー波だ!さらに天然水のミネラル付き。
つくづく自然がうらやましいです。
水の引きすぎは、温泉でも深刻みたいですね。
節度を守りましょう。でも飲んでみたい(^^;

まろの #- | URL | 2006/12/15 09:05 * edit *

まろのさん>

こんばんは(^^)
名水百選の水はどこも飲んでいますが、やっぱり何かが違います。
水道水じゃないということは、すぐ分りますし、
何故か美味しいと舌が感じてしまいますね(笑)

名水百選は千葉に1ヶ所、東京に2ヶ所ありますから、まろのさんもぜひ
行ってみて下さい。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2006/12/15 21:05 * edit *

ここから・・・

数年前に中蒜に登りましたよ。
登山道は木の根が張っていて、それを足場にして登りました。途中、鎖場もあって、結構きつい登山道でしたね。
確かに、ここの池は、よく見ると底の砂が舞っていて水がわき出しているのがよくわかりますね。

ヲアニー #- | URL | 2006/12/16 21:13 * edit *

ヲアニーさん>

あ、確かに側に登山口がありましたね。湧水も飲めるようになってましたね。
そうですかー登られましたか、ご苦労様です(^^)
私の場合、滝がない限り山登りはしないですね~不精者ですから(^^;

勢いよく水が湧き出てないと、こういった水面の写真は難しいですね。
写進化さんならどう撮るんですかね~知りたいな~(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2006/12/16 22:06 * edit *

フィルターを選んでね

ぽせいどんさんから聞いたのですが、池などの底を撮るときは、光が反射するのでPLフィルターを使った方がよいと教わった。
そのころ、おいらはへそくりが少なかったので、PLフィルターは買えず、夏の高校野球大会でPL学園を応援してたのさ。ヲアネーはピエールカルダンの高級時計と服を買い求めてた。
わかるかなぁ・・・わっかんねえだろうなぁ。。。おいらも何言ってるのかわからなくなった^^;

ヲアニー #- | URL | 2006/12/17 18:23 * edit *

ヲアニーさん>

ふっふっふっ( ̄ー ̄)滝撮影に欠かせないのでPLフィルターは買いましたよ。
でもなんで一眼デジのPLはあんなに高いんですかね、フィルム一眼のは3千円ぐらい
だったのに。 カードで買いましたよ(笑)
私が言いたかったのは、ただ水面撮っただけじゃ単調な写真になるなーと思った
からなんですよー^^

ヲアニーさん、そんなおやじギャグばかり言ってると、PL法にひっかかって訴えられますよ~
(意味無し^^)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2006/12/17 19:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/54-dd41e906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。