山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島根の川を走る - 飯梨川を溯上して燭台を買いに行くのこと - 

      

      

      

3連続スローパンクにより、ブルーノに乗ろうと思うとパンクしていたので、最近ブルーノから遠ざかって
いたのだが、今回は、坂を登ることになると思うので、ブルーノをチョイスしてみた。
恐る恐るタイヤを触ってみると、どうやらパンクは直っているようだ(笑)
シュワルベのチューブに問題があるような気がする・・・パナのチューブに交換した。

今回は珍しく目的があった。
「鍛冶工房 弘光」、安来市周辺は、たたら製鉄による和鉄の産地として鍛冶職が盛んで、この弘光も
江戸時代から続く鍛冶屋さんである。
現在は、鉄工芸品として燭台などの灯花器を作っておられる。
和蝋燭の優しい光に合う燭台も欲しいと思っていたが、先日、東京から来られたmincoroさんご夫婦まで
この店を知っておられ、益々行ってみたくなったので、飯梨川沿いの風景を楽しみながら、尋ねてみる事にした。

気温20℃、ブルーノで走るのには最適な気温と天気。坂を走るには、やはりブルーノが楽で良い。
スイスイ進み、余り疲れない。やっぱりドロップハンドルがいいのだろうか。

                                   ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 16.3km/h
                                                  最高速度 42.9km/h  (2009.10)


      

      

      

当主の小藤さんは、優しく気さくな方で、色々話しを伺った。
TVの取材も多く、有名人との写真も沢山有った。金スマにも出演された事があるそうだ。
この日は、鍛冶作業はされてなかったが、次回来るときは拝見させてもらえる事になった^^
透かし燭台を購入し、その夜は早速、和蝋燭に火を付けてみた。

      

しかし、安来市周辺はポタリングには、本当に良い所である。
弘光のような隠れた伝統工芸の店や陶芸の窯元もいくつか見て回れる上に、
道すがらは豊かな自然や田園風景を堪能出来る。
この飯梨川沿いなら、足立美術館と加納美術館で絵画や陶器も鑑賞出来る。
最近は、ポタのために遠出までする必要は全くないなと、思い始めている(笑)
多少の坂など関係無いブルーノの機動力有ってこそだが(^^ゞ


関連記事
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

コメント

和蝋燭

おぉ! 和蝋燭に似合う燭台を買いに・・・だなんて、
ゆるポタさんってば、やっぱりただものではないのですね。

夢喰い #XwQjO5V6 | URL | 2009/10/13 10:53 * edit *

う~ん、「和」の感じがいいですね~。
歳を重ねるごとに、こういう「和」の物に引かれますね^^。
日本人で良かったと思う今日この頃です。

ところで、パンク修理は簡単に出来ますか?
メンテナンスのことを忘れていました!!!

クラウン・ベリー #- | URL | 2009/10/13 14:43 * edit *

鉄工芸品として燭台などの灯花器ですか・・・
鍛冶屋と言えば鎌や桑とか包丁とかで
機械化が進み鎌の出番はほとんどなくなってきてますが
工芸品の制作で生活は成り立つのでしょうか。
せっかくの職人の技が時代と共に消えていくのは残念です。

最近は、ポタのために遠出までする必要は全くないなと、思い始めている(笑)>
季節にもよりますが、僕の周辺にも何度でも行きたくなる
場所が豊富にあるんでほんとそう思いますね。
日野のように近場に滝が一杯あるとなおいいのですが。

ぽん太 #dg8KrjFs | URL | 2009/10/13 16:49 * edit *

今でもたたら製鉄の技術が伝えられているというのは、
とても大切に思っていらっしゃるからなのでしょうね。
それと、和蝋燭の明りは暖かくてこれからの季節には、
なんとなくほんわかした気持ちになります。
どちらも残っていってもらいたいものです。

燭台の透かしに花をあしらったものを選ばれるとは、
う~ん、ゆるポタさんのご趣味はなかなか素敵です。^^

sugar #- | URL | 2009/10/13 17:06 * edit *

和蝋燭といえば愛媛の内子が有名だが、安来に燭台をつくっているところがあったとは知らなかったなぁ。
安来は文化の香り漂う町だね・・と、安来もいい人がいるとわかったので、一応ほめておこう。
ゆるポタさんがこういう趣味があるとは、二度びっくりだ(爆)
今度、狂会の定期総会ではこういうところに行ってもいいね^^

蝋燭の灯りもいい雰囲気で撮れてますね。
ところで、下から3番目の文字は何と書いてあるのでしょう?

ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 2009/10/13 20:26 * edit *

へー、ゆるポタさんにこう云う趣味があるなんて知らなかった。(笑
またどこかの悪代官とこっそり密談でもする気ですか。(爆)

ここの工房は以前新聞でも記事になってましたね。
一寸気になってました。^^

確かに身近なところにも良いところは沢山ありますね。
私もそう思います。

でも滝は別ですが。(笑

takesan #CPH/Hcxo | URL | 2009/10/14 15:54 * edit *

夢喰いさん>

いや、ただ者ですが^^;
こういった手作りの小物が、好きなんです。
古そうな物が好きと言うか(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:05 * edit *

クラウン・ベリーさん>

日本の和の物って、何故か和みますよね^^
懐かしさを感じる歳になると、和を思い出すんでしょうね。

普通の短い距離のポタなら、よほど運が悪くない限り
パンクはしないですね。
私もパンク修理始めたのは、この一年の間からです(笑)
自転車屋で、やってもらってもいいと思いますよ。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:10 * edit *

ぽん太さん>

この弘光さんも、鍛冶屋本来の仕事が行き詰ってきて
この鉄工芸品に、活路を見出してきたようです。
今では、全国各地で、展示会をやってるようです。

大山町も良い所ですよね~
でも、滝まで加えようと思ったら、ポタでは済まなくなると思いますが^^;

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:14 * edit *

sugarさん>

弘光さんも、鍛冶の火を月山富田から消したくないと言う思いで
続けていらっしゃるようです。
和蝋燭の火は、普通の蝋燭の火と、何処か違いますよね。
このデザインが、一番無難だったんです^^;

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:18 * edit *

ヲアニーさん>

安来は良い町ですよ(笑)
ヲアニーさんも、こちらに越して来られませんか。
人格が良くなるかもしれませんよ(爆)

ろうそくの火を撮るのは、難しいですね。苦労しました^^;
これは、日本語ではないでしょう(爆) と、しておきます(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:21 * edit *

takesanさん>

悪代官と、密談するために、ろうそくに火を付けているわけではありません(爆)
私は、落ちつく物は、なんでも好きです(笑)

最近、色々なところで、この店は、取り挙げられているようですね。
takesanさんも、こんな趣味ありました?? 意外です(爆)

まあ、滝は、やっぱり山深い所じゃないとね~(^_^;)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/14 20:26 * edit *

安来市って所は本当に良いところですね!
私も今迄見過ごしていた素晴らしい場所を自転車と共に探して見たいと思ってます。
 
やはり坂はブルーノですか(嬉)
久々の出番で喜んでいると思いますよ。もちろん自分もですが(笑)

ミニベロツーキニスト #- | URL | 2009/10/14 21:54 * edit *

安来の夜

「鍛冶工房 弘光」まで行かれたのですね。
少し離れた場所だったように思いますが?
自走されたのですか?
次回、僕たちも是非訪ねてみたい場所です。

透かしの燭台、素敵ですね!
和蝋燭の仄かな光の中で
虫の音を聞きながら過ごす秋の夜
本当に羨ましいです。

mincoro #Trh9kezs | URL | 2009/10/17 09:26 * edit *

ミニベロツーキニストさん>

返事が遅くなり、申し訳ありません^^;

改めて走って初めて気づく、身近な良さでしょうか(笑)
ブルーノだと行動半径も広がりますから、今まで敬遠していた場所も
走れるようになり、寄り道も増えます^^
私のブルーノでも、こんなに楽かと思うほどですから
ミニベロさんのブルーノだと、相当、坂も楽なんでしょうね。羨ましい(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/18 17:02 * edit *

mincoroさん>

返事が遅くなり、申し訳ありません^^;

弘光も気にはしてましたが、mincoroさんからも聞かれたので
よほどのとこと思い、行ってきました。
月山富田城の道の駅からの自走です(^_^;)

やっぱり、mincoroさんは、そのような風情がお好きなんですね(笑)
私は、そこまでロマンチスト(爆)では無いですが、似た者同士ではあります(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/10/18 17:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/349-48b389b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。