山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

クラシックモールトンに挑む! - This is the pottering - 

      

      

      

アレックス・モールトン博士は、ロードに乗って思ったそうである。
大径ホイールでなければいけないのか。
ダイヤモンドフレームである必然性はあるのか。
路面のショックを吸収するサスペンションが有っても良いのではないか。

そして、5年の歳月を掛け、Moultonの原型が完成した。
小径ホイール。
操安性と乗り心地を重視した、前後サスペンション。
乗り降りの容易な、ステップスルーなF字形のフレーム。

こうして、究極のポタリングマシーンが生まれたのだ。
40年経っても色あせない乗り心地ってなんだ。この個性的なスタイルはなんだ。
凄い事じゃないか。
車重があり、転がりが良いせいか、一度加速が付けば、自然とスピードに乗り、勝手に走ってくれる。
BSモールトンを上回る長さの、ロングホイールベースと低重心による安定感。
スターミーアーチャーのカチカチと決まる内装変速も4段有れば十分に思えてくる。
40年前の変速機とは思えない。
ちょっとグリス切れにも感じるが^^; ハブなどブルーノのハブより、良く回る(笑)
この乗り心地を現在まで維持してきてくれた、歴代のオーナー諸氏に、感謝します。

                                    ・・・ (Moulton) 本日の平均速度 ゆっくり
                                                   最高速度 ほどほど (2009.7)


      

      

何よりも感激した事。
スチールフレームなので、BSモールトンのアルミフレームより細身で、写真写りが更に上回っている事^^
ただし、車重は、16kg・・・

関連記事

コメント

40年!!

わたしとほぼ同い年ですか。
細部をみると確かに古さを感じますが、全体像はまったく古さを感じさせませんね。
私も若作りしていても、細部は古さを感じさせる年齢になってきました。涙
しかし、このデザインは今の時代にも十分通用しますね。
フレームがスチールってことはメンテもたいへんなのでしょう。ゆるポタさんなら長くきれいに乗られそうですが。

kazz #nGdA3O4A | URL | 2009/08/04 12:34 * edit *

kazzさん>

はっきりした年式が、特定出来ないのですが、
恐らくこの自転車、kazzさんと同い年ではないかと思います(笑)

現代でも十分通用するデザインですよね、それ以上に個性的かもしれません。
この自転車も、無理に若作りせず(爆) 年相応なパーツを付けていこうと思ってます(笑)

いや、スチールの方が取扱いは、楽ですね。
かえってカーボンとかの方が、気を使います。
長く綺麗に乗りたいと思ってます(^^)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/04 17:30 * edit *

なんかのんびりしてていいですねぇ。
アガパンサスもよく似合ってます。^^
これが、クラシックの持つ力というのでしょうか。

ゆるポタさんが、これに乗っている姿を想像すると、
何故か、紳士に思えてきました。(笑)

sugar #- | URL | 2009/08/04 18:26 * edit *

おぉ!!タイトルに難しい英語?を使ってるようだが。。ブレ~ンはボンジュ~ルさんかな(爆)
自転車のことはさっぱりわからないが、花とセットの写真がいいですね。
ところで、この花の名前は・・花の質問攻めでアバカンだろうが(爆)
私は、ネタ切れでしばらくお休みします。怪長の職務代理をよろしく。

ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 2009/08/04 19:56 * edit *

sugarさん>

想像じゃなくても、実物も紳士でしたでしょ?(爆)
それを妬む一部の人達が、偽英国紳士などと言ってますが、聞き流して下さい(爆)

のんびり感、伝わりますかね^^
この自転車に乗ってると、ほんとにのんびり出来ます。
この自転車となら、どんな花ともマッチすると思ってます。溺愛?(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/04 20:55 * edit *

ヲアニーさん>

タイトル、読めなかったでしょ(笑)
ポタリングと書いてあります。ボンジュ~ルさんに聞かずとも知ってましたが
英語かと思ってたら、彼に仏語だと言われました^^;

この時期になると、毎年休まれますね(笑)
私も、今月、来月としばらく自転車記事が続くと思われますので
職務代理が出来るか微妙ですが(^^ゞ
次期怪長のtakesanさん(爆)が、しっかり務められると思います(笑)
今も、花火撮影に余念が無いと思います(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/04 21:02 * edit *

まさにゆるポタの王道にぴったりの自転車ですね
何台もお気に入りの愛車があるなんて
なんてうらやましいです。
たまにポタっていて愛車を眺めると
至る所に発生した傷や錆・・・
新しいやつ欲しいです。(T_T)
でも買ったら今の自転車は放置されちゃうだろうな~

ぽん太 #dg8KrjFs | URL | 2009/08/05 09:24 * edit *

ぽん太さん>

私は自転車の楽しみ方は、一つじゃないと思ってます。
時には、思いっきり飛ばしてみたいと思う時もあるでしょうし、
時には、のんびりゆっくり走ってみたいと思う時もあるはずです。
そんな時、同じ自転車ではなく、その用途に合った自転車に乗れば
益々、その時の気分に合ったサイクリングが出来ると思います。

えっ?ぽん太さんの自転車、そんなに傷や錆だらけなんですか?
転んだという話しは聞いて無いですが^^; 大事にしましょう(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/05 17:30 * edit *

Pottering

りっぱな英語で、フランス語ではありません。(そんなこと言ってません。)

因みにフランス語ではSe promener en velo(直訳自転車で散歩)、Faire du velo (自転車をする)と言うようです。

ボンジュール #- | URL | 2009/08/06 05:27 * edit *

自転車にしても自動車にしてもクラッシクカーは味わいがありますね。^^
いまより時間がゆっくり流れてた時代のものだからだろうか?

たまには刻の流れに逆らってゆるゆる行くのも良いかもしれないね。

takesan #CPH/Hcxo | URL | 2009/08/06 19:37 * edit *

ボンジュ~ルさん>

あれ~(^^ゞ
そうだっけ?(笑)
ミニベロがフランス語だったっけ?

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/06 19:38 * edit *

takesanさん>

「刻」が好きですね(笑)

味わいが有りますよね。
私は、元々クラシック好きだったので、もろツボにハマってます(笑)
今までも、ゆるゆるでしたが、さらにゆるゆるになりそうです(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/06 19:45 * edit *

Mini velo

自転車はフランス語なので、Mini veloはフランス語です。
明日から短いバカンスでフランスに行って来ます。
何か良い写真が撮れたら写進化狂会サイトにアップしますね。

ボンジュール #- | URL | 2009/08/06 21:35 * edit *

ボンジュ~ルさん>

バ・カ・ン・ス、ですか・・・羨ましい^^;
まあ、気を付けて行ってきて下さい。PLもお忘れなく(爆)
水物のUPを楽しみに待つ事にします。

ミニベロは、合ってたか(^_^;

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/06 21:52 * edit *

現在巷に溢れている小径車の原型がずばりモールトンなのですね!
40年たっていても旧さを感じないのは、完成された小径車の姿だからじゃないからだとおもいます。
この自転車にはスピードも重量も関係ないと思いますよ。それを超越する所有する喜びがきっとあるのだから(笑)

ミニベロツーキニスト #- | URL | 2009/08/09 21:02 * edit *

ミニベロツーキニストさん>

私も詳しく分からないのですが、恐らく、小径車の原型はMoultonでしょうね。
私の偏見ですが^^; ダイヤモンドフレームがロードの不変の形なら
Fフレームが小径車の不変の形のように思えます。

そうですね^^ スピードも重量も、大した問題では無いと思います。
所有する喜びと言うか、走る喜びが、この自転車にはありますから。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/08/09 21:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/327-28766311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。