山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

クラシックモールトンに挑む! - My Moulton deluxe - 

      

      

      

厳密に「Moulton」とは、1963年から1974年までに作られた物を指す。(1974年で生産を打ち切られている)
さらに厳密に言うと、1966年までに作られた物は、モールトンバイシクル社製で、
1967年以降の物は、ラレー社に生産委託された物である。

現在もMoulton有るじゃないかと言われそうだが、現在のMoultonは、「Alex Moulton Bicycle社製」である。
Alex Moulton氏とラレー社の間で、商標紛争が起き、Moultonという社名を使えなくなったため。
それにF型フレームでも無い。

当時のMoultonは、「standard」、「deluxe」、「Mini」、ツーリングタイプの「safari」、
レーシングタイプの「speedsix」に、分けられるだろうか。適当だが^^;  
standardとdeluxeの違いもよく分からない。なかなか一筋縄ではいかない世界である。


私のMoulton deluxeを見てみると、

フレームナンバーから、「673774」。これ以外どこにも番号は書いて無い。
最初の2ケタは年式だと思われるので、67年モデルとしておくが、ラレー社のナンバー体系は
よく分かっていないようで、確信は持てない。

      

スチール製コッタードギアクランク 52T。この星型の造形が素晴らしい。
塗装もメッキも厚めなので、この輝きが現在まで失われなかったのだろうか。

      

ビニールレザー製ミドルモアサドル。
このサドルも裏から見れば、凝った作りなのだが、さすがにへたっている。ブルックスに換えようか。

      

スターミーアーチャー社製ハブギア 4速ワイドレシオモデル。内装変速。
この3速用は、なんと現在でも作られているらしいが、4速は無い。

      

      

何故か新品のリアキャリア。復刻したのが有るのだろうか。 リアバックが欲しいな・・・

      


しかし、何処も綺麗に磨きあげられている。
この自転車を購入し、整備したozunuさんの精神が伝わってくる。
私も、その精神を汚さぬよう、磨いていこうと思う。



関連記事

コメント

ほんとフレームは綺麗に磨かれてますね。
緑の塗装部は、何十年も前の物とは思えません。
ハンドルやホイール部分の錆具合がまたいい味出してます。

私のラレーも味が出るくらい乗ってみたいです。

しじみカレー #- | URL | 2009/07/21 11:13 * edit *

ビンテージ物は味がありますね~。^^
97年と言うことは私が小学生か。(爆)

これで4台目ですね。(笑
まぁ自転車はその時の気分で変えるのも楽しみのひとつでしょうから
それもありですね。^^

自転車の知識は豊富だろうけどその整備能力にちょいと問題が・・・。(爆)

takesan #CPH/Hcxo | URL | 2009/07/21 18:59 * edit *

しじみカレーさん>

ほんと綺麗にしてありました^^

昔の自転車は、ピカピカで傷一つ無い物より、ある程度錆ついてた方が
雰囲気有りますよね(笑) 
錆落としのケミカルとか探してましたが、このままにしようと思い、止めました。

ほほー、味が出るくらい乗りたいですか^^ 
たしかに、20年経っても30年経っても乗れるぐらい大切に乗りたいですね。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/21 20:46 * edit *

takesanさん>

良い雰囲気でしょ?(^^)
乗ってると、自転車から聞こえてくる音も、また良い音なんです。

いや、現在、家に在るのは3台です。
折り畳みビアンキは、ブルーノのパーツの一部になってます(笑)
でも、この3台は、それぞれ個性的で、乗る目的が違います^^

整備能力も日増しに向上してますよ(笑) 工具箱も大きくなりました(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/21 20:52 * edit *

ピッタリくる単語が見つからなくて申し訳ございません。
とにかく「凄い」です!

長い時間を重ねてきた感じが伝わってきて・・・うっとりため息が出てしまうほど(笑
錆や傷すら味になりますね。素敵です。

tom.A #QXRaNfI. | URL | 2009/07/21 21:46 * edit *

いいですね!!

こんばんは

あまり詳しくないのですが
673774
1967年 37週、74台目?(生産台数が少ない気も)
7月末か8月頭くらい?ですかね。

確か68年からがラレー生産だったと思うので、
恐らくカービーで生産されたものだと思います。
(これもよく分からない、青本を見直してみます)

Fフレームはいろいろあって混乱しますよね。
個人的には分割が出来て後ろがコースターブレーキ ハブギアの
Stowaway(ストウアウェイ)に魅力を感じます。

それからミドルモアのサドルは素敵ですよ!
ブルックス?僕はちょっと・・・と思います(笑)

mincoro #Trh9kezs | URL | 2009/07/22 00:12 * edit *

自転車って、19世紀から乗られてますもんねぇ。
基本的なカタチも変化してないし、
馬車やリヤカーや人力車のように一般的でなくなることもなく。
人間の歴史上かなり成功したビークルでしょうね。
SF映画のように車が空飛んだりする時代になっても、
きっと自転車はなくならないでしょうね~
現代だって、車の方が絶対楽で便利で遠くまで行けるにも関わらず、
皆自転車乗ってるし(笑)
車はガソリンがなくなったらオシマイですが、
自転車は人間さえ無事ならずっと乗り続けられますからね。
そう思いつつ、毎晩ツールを見ていて、
この競技も100年くらい続いてるけど、
100年前は、一体選手はどんな自転車に乗ってアルプス越えてたんだろう??
と驚嘆しきりです(笑)

nasuka #- | URL | 2009/07/22 16:01 * edit *

tom.Aさん>

この自転車が、元祖シルキーライド、BSモールトンの元となった自転車なんです。
当時は、職人さんが、手作りのような感じで自転車作ってましたから
余計、味わい深いものがあるかもしれません。

錆や傷が有る事によって、年月を感じますよね。
当時の部品や塗装だからこそ、この程度の、錆や傷で済んでいるのかもしれません。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/22 17:07 * edit *

mincoroさん>

おおっと、mincoroさん、青本持っておられますか。
Fモールトンに関して、深く語り合えそうですね(笑)

私もフレームナンバー調べたんですが、
year,week,number の刻印だと8ケタ必要なんですが
この自転車には、6ケタしか刻印が無いのが、混乱の元なんです^^;
元オーナーのozunuさんを通して、M&M(http://cyclemm.com/index.php)
というクラシック自転車の店の店長さんにも聞いてもらったのですが、
ラレー製という事しか、はっきり分かりませんでした。

Stowaway、折り畳み自転車の元祖自転車ですね。
でも、当時のこの分割は、初期のBSモールトンにも有った、分割部分の
強度不足によるクラックとかは、起きないんですかね。
コースターブレーキ、見た目はクラシックですが、効きが悪いそうです^^;

私のミドルモアサドルは、写真でも分かる通り、クッションの下に直接スプリングが
きているので、年代と共に、スプリングがクッションに食い込み、
表面も波打ってて、乗り心地が悪いのです^^;
初期のミドルモアサドルには、スプリングの上にプラ板のような物が
かませてあるので、こんな事は無いのですが・・・ラレーの陰謀でしょうか(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/22 17:28 * edit *

NASUKAさん>

基本的な構造も、昔と全く同じですよね。
ペダルが有って、チェーンが有って、ギアが有って、タイヤを回す。シンプルですよね(笑)

私としては、自然との一体感が、どの乗り物より有るので、
人は、それが忘れられないためと、思いたいですね。

そうやって、昔の自転車を調べてると、一個一個のパーツが
とても魅力的で、欲しくなるという、とても危ない状況になりますよ(^_^;)
昔の自転車のパーツって、ほんと味わい深いものがあるんですよね~

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/22 17:39 * edit *

いいものは何年たっても輝きが失われないものですね!
大量生産、大量消費の現在ではとても考えられないしっかりした作り。
自転車はパーツがシンプルな分使いまわしが効き、何時までもパーツ交換して乗り続けることが出来るし、知識さえあれば自分でもいじれるとこが良いですよね!これからもブルーノ共々大切に乗って下さい。

ミニベロツーキニスト #- | URL | 2009/07/22 23:57 * edit *

ミニベロツーキニストさん>

ミニベロさんが好きな、楽器と同じかもしれませんね。
しっかりと、丹精込めて作った物は、現代物には無い、輝きがあります。

やはり、こうゆう物を手に入れてしまうと、自分で色々いじってみたくなるものですね。
工具だけは、日増しに増えてますよ(笑)
ブルーノ? ・・・・あっ、埃被ってる(爆) 磨かなきゃ(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/07/23 19:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/325-7bc3fe3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。