山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 大山滝 (春) - 



           




幾多の困難を乗り越え、一行はついに「大山滝」にたどり着いた。

落差43mを2段に豪快に流れ落ちる姿は、さすが日本の滝100選で、全国にもファンが多いのも頷ける。
が・・・・
滝見台や途中の斜面から全景を眺めると、滝音も微かにしか聞こえず、いまいち臨場感に欠ける。
苦労して鎖場をつたい、滝壺に降りて下から滝を見上げても、何故か迫力を感じない。
40m級の滝を下から見上げて、ふ??む、と思ったのも珍しい。
上段と下段が結構離れていて、下段の15mだけが目に入るためだろう。
滝壺からの全景は写真にすると、それが顕著で、とても40mの滝に見えない^^; 





この滝は、季節に応じて変化する滝周囲の景観を主体に、その景色に溶け込んでいる滝として撮るのが
正解かもしれない。
そのため、いつもなら曇りの方が滝らしさが出るのだが、今回のように日が差して、緑が輝いている方が
写真的には、この滝らしさが出るように思った。




◎ 大山滝 (第67選)  〔日本の滝100選〕
   名瀑度  ・・・・★★★⋆
   滝見道難度・・・★★★★(登山道を2km、急階段、鎖場有り 40分)
   落差   ・・・・・43m (上段28m、下段15m) 
   苔度   ・・・・・10%


(幾多の困難)
まず襲い来るのは、400段の急階段。 幅も狭く、滑りそうである^^;


助さん最大のピンチ!(笑) 汗じゃない汗をだしていた(笑) 結構揺れる吊り橋。


最大の敵(悪代官)。滝壺への鎖場。
格さんは、「私の敵う相手ではありません」と、戦場放棄(笑)

(写真提供 マシンガン氏 感謝します^^)


さてさて、山陰滝見行脚の旅、いかになりますやら(笑)


関連記事
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 22 | edit

コメント

大きな滝は、全体入れようと思うと小さくなるし、
部分だけ撮っても面白くないし・・・
という面はあるかもしれませんね~
もうちょっと幅があればいいのかも!
それでも、新緑がきれいですね。
この階段は、私たちが行った10数年前にはなかったかも。
ヘタに段がついてるより、坂道のほうが楽だったりしますよね。
お疲れさまでした~(笑)

nasuka #- | URL | 2009/06/07 10:02 * edit *

NASUKAさん>

大きな滝は、写真が難しいです。
たしかに、滝幅がもっとあると、大きく見えるかもしれませんね。
この滝は、周囲の景観が良いのでしょうね。
真冬とか、紅葉も、いいでしょうね^^

この階段は、数年前に登山道が崩落し、新たに作られた道です。
なだらかな傾斜の場所が無かったんでしょうね^^; 帰りが特に辛いです(-_-;)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/07 19:17 * edit *

上段と下段の滝が離れていて、それぞれ独立した滝のように見えるから、迫力に欠けるかもしれないね。
昭和初期までは3段だったが、昭和9年の室戸台風の洪水で2段になったそうだ。
裏見を撮ってほしかったが、何せ助さん、格さん、八兵衛さんも、だれかさんがまた転けたためにお守り役でそれどころではなかったようだ(笑)
3年前には400段の階段はなかったが、今度行くときはこれがトレッキングの難所だなぁ^^;

ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 2009/06/07 19:26 * edit *

ゆるポタさんならではの辛口な総評ですね。
確かにあれが一段で直漠ならそうとうな迫力でしょうけどね。
下に降りても見えるのは下の滝だけですから、この滝としてはやはり
上から観賞するのが正解でしょう。
ただ、マイナスイオンの量だけはハンパじゃないですね(笑)

いちおうゆるポタさん情報ではここが一番の難所なんですよね?
信じていいのかなあ~~(;¬д¬) アヤシイ

まっちゃん #/aF5ZJNE | URL | 2009/06/07 19:56 * edit *

ヲアニーさん>

そうなんですよね~
遠くから見ると、離れているのが気になりませんが、
滝壺から見上げると、線の細い滝に見えます^^;

当然、裏見もしたかったのですが、少しでも濡れると即浸水状態でしたので^^;
いつもなら、私の事などほったらかしで、誰も見に行ってたでしょうが
滝壺の水位が結構高く、裏見の場所に行くのが、難しかったために
誰も行かなかったと思われます(笑)

あの400段の階段は、ヲアニーさんには無理です(爆)
滝にたどり着くまでに、2時間は掛るでしょう(爆) 帰りは3時間(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/07 19:56 * edit *

まっちゃん>

一度行ってますが、記憶があやふやでしたので(笑)
今回、大山滝には、期待してたんですよ。 ちょっと残念でした^^;

上から全景眺めた方が、滝が綺麗に見えますね。
落差が有り、水量多いですから、飛沫は気持ち良かったですね。
滝壺からは、飛沫浴びながらの、お食事が良いでしょうね(笑)

私が、本来ゆるゆる派だと言う事をお忘れなく(笑)
知ってて、そんな険しい所には、行きません(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/07 20:04 * edit *

この時期は、本当に緑が綺麗ですよね。
この度は、水に流されることなく、ゆったりと見る事ができました。(笑)
まだ見ぬ大山滝を拝見させていただき、ゆるポタさんに感謝です。(^^)

そういえば、この急階段は、確か今年の地元ケーブルテレビで紹介された時に、
「一体、誰がこんなところを通るのだろう?」と思った記憶があります。
黄門様ご一行が、いらっしゃるとは・・・よくぞ、ご無事でお帰りになりました。

しかし、400段の急階段、吊り橋、最後は鎖場ですかぁ・・・
ますます、大山滝が遠くなってしまいました。(ガクッ)

sugar #- | URL | 2009/06/07 21:43 * edit *

早くもアップされましたか(^^;)

> (写真提供 マシンガン氏 感謝します^^)

ろくな写真がなくてスミマセンでした(^^;)

改めてお疲れ様でしたm(_ _)m
400段の階段も、手ぶらでしたらもっと楽だったんでしょうが、
手ぶらでこのような場所に行く理由も見つかりませんので、
行くとしたら、またこの装備なんでしょうね・・・
記憶が薄れた頃に行くかもしれません(爆)
その前に腰治せってね・・・(#/__)/ドテ

私はこの滝のスケールに圧倒され、これだけの轟音を轟かす直瀑系(?)の滝は初めてでしたので、
行ってよかったと思ってますが、意外と辛口な評価なようで・・・(^^;)
道中がもっと楽でしたら、評価ももっと高くなってたのでは?( ̄ー ̄)ニヤリッ
まあ、滝をどう見るかによっても感じ方はそれぞれですからね。
今後、どんな滝に案内してもらえるかで、私の滝を見る目も変わっていくのでしょう^^

> さてさて、山陰滝見行脚の旅、いかになりますやら(笑)

本当に妙なことたくらんでませんよね?(←takesanさん談・・・爆)

TB送ります^^

マシンガン #mQop/nM. | URL | 2009/06/07 22:31 * edit *

sugarさん>

大山滝周辺も、この滝に行きつくまでの登山道も、緑ばかり目に入ります。
森林浴、飛沫浴には、もってこいの場所ですよ^^

以前、NASUKAさんにも薦めたのですが、森林浴、飛沫浴には
アンチエイジングの効果があるそうです。sugarさんも是非(笑)

この階段は、凄い階段でしたよ^^;  予想だにしてませんでした。
でもこの日も、老若男女問わず、沢山の人が滝を見に来てましたよ。
一度は皆、見ておきたい滝なんでしょうね^^

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/08 19:46 * edit *

マシンガンさん>

満身創痍のマシンガンさん(笑) お疲れ様でした。TBありがとうございます。
体調は回復れたでしょうか。
腰は、もう治らないので、コルセットしましょう(爆)

私も、色々滝を巡ったので、変に目が肥えてしまって、辛口になる事もあります^^;
でも、40m級の直瀑なら、私は島根県雲南市の「龍頭ヶ滝」を薦めます。
こちらも、日本の滝百選で、裏見も出来ます。私のブログを検索してみて下さい。

まあ、どの滝が気に入るかは、人それぞれですから、どれが良い滝とは言えませんけどね。
滝と言っても、形も様々ですから、沢山の滝を見ておくべきです。
しかし、マシンガンさんの場合、滝より、その下流ばかり注目しそうですが^^;

私も行った事無い滝に関しては、何も保障出来ません(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/08 20:05 * edit *

大山滝は、一度見たからもういいか(笑)って感じですが、
今年は、三徳山にまた行きたいですね~~
あの険しさはクセになります(笑)
そうそう、sugarさんは、なんと赤碕から船上山までポタったそうですよ。
メトロで!!
今後が楽しみな人ですよねぇ。
takesanさんの、いいオトモダチになれそうです(爆)

nasuka #- | URL | 2009/06/08 20:41 * edit *

NASUKAさん>

険しいだけでは、アンチエイジングは望めませんよ(笑)
滝に行きましょう^^ 神経痛が治りませんよ(爆)

赤碕から船上山ですか?? メトロで? それは恐ろしい(^_^;
ポタではない気もしますが^^;

私が思いますに、takesanさんは、自転車に頼り過ぎではないかと(笑)
初心に戻って、またサーブで走ってもらいたいものです(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/08 21:42 * edit *

こんばんは~

私もこの鎖を見ると諦めますねww
400段の階段も嫌でございます(^^;

滝の表現って難しいです・・・
特に大きさをどう表すかが分からず、赤目でスランプになりましたー(^^;

4枚目の写真、手前に木を配置しているのエエですね!!
ん~、こういう「構図をパッと見る目」が現場であれば良いんですが・・・
いつも現像時に後悔しておりますww

KETUNORI(^-^)ノ #mQop/nM. | URL | 2009/06/08 22:59 * edit *

こんばんは

2段の滝とは珍しい滝ですね。
難所のようですが実物を見てみたいと思いました。

この滝、モノクロで撮って
プリントする際に流れ落ちる滝を強調するように周囲を少し焼き込むと面白いかも?
と思いました。

mincoro #Trh9kezs | URL | 2009/06/08 23:46 * edit *

突然、登場してビックリしてます。

ゆるポタさん、大丈夫です。
赤碕から船上山までは約12kmのゆる~い登り坂です。
ゆるポタさんのブルーノならば、楽勝でしょう。
ただし、途中あまりにも変わらない風景に耐えれればですが・・・(笑)

そうか。nasukaさんは、大山滝経験者なのですね。
しかし、400段階段は経験していない筈。
やはり、nasukaさんを誘ってみよう!決して、アンチエイジングの為では、ありません。(笑)

sugar #- | URL | 2009/06/08 23:49 * edit *

新緑は綺麗でいいのですが中段あたりが隠れて
全貌が見えにくくなっていますね
うーん確かに40mのスケール感を数カットの写真で
しかもブログで再現するのは難しいですね。
やはり行って見るしかないですね(笑)
しかし滝壺には簡単に降りれないようですね。(^_^;)

ぽん太 #dg8KrjFs | URL | 2009/06/09 10:14 * edit *

KETUNORIさん>

KETUNORIさんなら、行きたがらない滝ですね(爆)
でも沢山の人と一緒だと、意外に登れたりしますよ(笑)

滝の大きさを表現するには、ブログの写真では小さすぎるのもありますよね。
赤目で開眼したのかと思ってましたが、スランプですか(^_^;
良い滝や渓流を、見過ぎたようですね(笑)

比較対象物として、木を配置するのも、大きさを表現する方法の一つだと思いますが、
上手い具合に、木は生えて無いですね^^;
超広角がね~(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/09 18:04 * edit *

mincoroさん>

こんばんは。

mincoroさんなら、黙々と登って行かれそうですよね(笑)
日本の滝百選にも選ばれてますから、一度は見ておくべき滝です。
写真より、実物が数段素晴らしいですから^^

mincoroさんは、やはりモノクロ現像経験者なんでしょうか。
大山滝をモノクロでとは、考えもしませんでした^^;
面白そうですが、ハイキーに撮った物が無いので、デジタルで試せませんでした^^;

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/09 18:13 * edit *

sugarさん>

NASUKAさんに、そうゆう話しをされると、決して内緒事では済まなくなりますから
以後気を付けて下さい(爆)

赤碕から船上山までは、12km程度しかないですか?
もっとあると思ってました^^; でも、12kmも登り続けるというのは、ちょっと(^^ゞ
あの辺りは、景色が良いと思ってましたが、単調な眺めなんですか。

NASUKAさんは、神経痛にも関わらず、色んな所に行かれてますよ(笑)
でも、お二人には、まだアンチエイジングは必要無いでしょう^^
今度何かもらえるかな~~(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/09 18:22 * edit *

ぽん太さん>

この時期は、木が生い茂って滝を隠すようですね。
冬なら、全景が見れるようですが。

特にこの大山滝のように、滝幅が狭いと余計難しくなりますよ^^;
やはりこの滝は、実物を見るに限るようです。
いや~  あの「白馬の滝」を制覇した ぽん太さんなら、あの程度の
鎖場や階段など楽勝だと思われますが(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/09 18:30 * edit *

いつもおおきにです。

えらいとこ行って来たのですね!

緑も水も素晴らしく美しいです。行く道中の紹介がなければ、思わず行ってしまいそうです。(笑)
一段目の滝壺、2段目の落ち口、そしてそれを囲むように見える緑の植生・・・
いやぁ~やっぱり行ってみたいっす!

mikumano #nmxoCd6A | URL | 2009/06/11 15:25 * edit *

mikumanoさん>

こんばんは^^

大山滝は、全国レベルでも滝好きな人には、人気があります。
mikumanoさんも行ってみたいとは、玄人受けする滝なんでしょうね~(笑)

たしかに道中には、難所が有りますが、登山道歩いてても緑のシャワーで^^
渓流の流れを見ながら歩けるので、それだけでも楽しいかもしれません。
私も一段目の滝壺もっと近くで見たいのですが、近寄れないんですよね~^^;

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/11 19:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/312-9498deb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。