山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 鮎返りの滝 (琴浦町) (春) - 







山陰の滝百選も、自宅から半径50km圏内は、ほとんど行き、山陰をくまなく回る段階にきたようだ。
いよいよ山陰行脚の旅を始めるに当り、側用人兼ボディーガードの助さん(マシンガンさん)格さん(まっちゃん)
をお供に、漫遊する事となった。
所が、「あっしも連れてってくだせい」と、八兵衛(takesanさん)もお供に加わった(笑)

まず一行が向かったのは、鳥取県の滝100選の一つ鳥取県東伯郡琴浦町野井倉に在る「大山滝」である。
大山の東斜面、地獄谷に位置しているこの滝に行くには、登山道を2kmほど歩く必要が有る。
最近、登山道が崩落し、新たな通路として、急勾配の400段の階段が作られたが、この階段が
トレッキングに不慣れな一行を益々苦しめることに^^;
その階段を降りた所に、吊り橋があるのだが、今回の「鮎返りの滝」は、その吊り橋を渡り、20mほど
下ったところに在る大山滝の前座の滝である。





しかし、この「鮎返りの滝」だけでも、立派な滝で、水量豊富、豪快な滝である。
次回の大山滝で触れるが、大山滝より、こちらの方が印象に残ったような気がする(^_^;

周囲も木々に覆われ薄暗く、秘境の滝を思わせるが、滝口上部に、この滝より巨大な堰堤がある^^;
普通、滝側に堰堤があると、がっかりするが、この堰堤は滝の流れとは対照的で、私としては
良いアクセントに思えた。写真的にも面白いと思えるのだが・・・

尚、湯梨浜町にも「鮎返りの滝」が在るので、(琴浦町)として区別している。




◎ 鮎返りの滝(琴浦町) (第66選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★★(吊り橋渡り、20m下る)
   落差   ・・・・・9.3m 
   苔度   ・・・・・20%

 ・東伯郡琴浦町野井倉 地獄谷 加勢蛇川上流 ……
  大山滝は、誰でも知ってるだろう。案内板多数。アクセス経路多数。

吊り橋から、鮎返りの滝の滝口が見える。 この眺めを立ち止まって見れない方も居るようである^^;


問題の堰堤も、悪くない流れである(笑)



関連記事
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

コメント

どんどん東伯方面を攻めつつありますね。
大山滝は以前カメラも持たずDEぷっちょさんと
トレッキングに行ったことがありますが
この滝は見なかったですね。
ずぶん水量もあるようで岩肌の感じが
なんとなく鷹入りの滝を思い出しました。

ぽん太 #dg8KrjFs | URL | 2009/06/04 09:56 * edit *

すばらしい

滝もすばらしいですが、写真がやはりすばらしいです☆
カメラの腕前がまだまだだなぁと思い知らされます。
あ、それとも機材の違いですか?笑

地元周辺50km圏って結構な範囲ですよ。滋賀なら琵琶湖が邪魔しますので
ほんの少しだと思いますが。

私も先日の棚田へ行ったときに「八ツ淵の滝」というのがあるのを見つけました。
日本の滝100選のひとつで、名前の通り8つの滝からなるそうです。

ゆるポタさんが行かれる滝ってやっぱり鎖場とか梯子とかあるんですか?
私は滝見には致命的な高所恐怖症でして。
歳のせいか1kmを超える歩行もしんどいっす。爆

これからは水量も増えて滝見にいい季節ですな。
鮎返しといえば、ぼちぼち鮎もシーズンイン、こちらも楽しみです☆

kazz #nGdA3O4A | URL | 2009/06/04 12:13 * edit *

大山滝は?

まだのようですね。

鮎返りの滝も迫力ありますね
私はここはパスしてしまって後悔しきりです

新しく400段の階段ですか・・・
兵庫の新田不動滝の上の滝がそうなんですよ
段数は400もないと思いますが、何分急勾配で一瞬躊躇してしまいました
大山滝も再訪してみたいけど聞いただけで考えてしまいそうです(^_^;)

hiro #- | URL | 2009/06/04 16:23 * edit *

ぽん太さん>

便利な山陰道や農道の事を考えると、島根の江津方面より
鳥取の東伯方面が、時間も節約出来て、行き易いですから^^;

ぽん太さんが、山歩きされてたとは、意外でした(笑)
でも、この鮎返りの滝を見なかったとは残念です。
ある意味、こちらの方が迫力ありますよ。
濡れた岩肌が、野性味を増してるような感じでした。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/04 17:56 * edit *

kazzさん>

そこまで褒められるとは^^; ありがとうございます。
まあ、私は、三脚もPLも持ってますからね(笑)

私の滝見は、片道1時間半までの距離ですね~
それ以上になると、運転するだけで疲れてしまいます^^;
八ツ淵の滝は、それぞれ個性的ですから、行って見て下さい。

あら~ ここにも高所恐怖症の方が(^^ゞ
でも、吊り橋とか鎖場の有る滝は、それほどありませんよ。
私も2ヵ所しか行った事無いです。

あれ? 海釣りばかりかと思ってましたが、鮎もされますか^^
私も昔、渓流釣りには、ハマってました(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/04 18:07 * edit *

hiroさん>

メインは次回です^^;

鮎返りの滝を見られなかったとは! それはとても残念です^^;
凄い水量で迫力が有り、とても野生的な滝です。

この新ルートの400段の階段は、ちょっとキツイですよ^^;
降りるのはまだしも、帰りに登って帰るのが余計疲れます(-_-;)
私も多分、もう行かないような気がします・・・

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/04 18:16 * edit *

凄い滝ですね。写真を通して豪快さが伝わってきます。
それにしてもユルポタさん随分とお偉くなったようで(笑)助さんと格さんですか!
そのうち静岡にも漫遊しに来て下さい。私がうっかり八兵衛やりますから(爆)

ミニベロツーキニスト #- | URL | 2009/06/04 18:53 * edit *

ミニベロツーキニストさん>

良い音させてましたよ、この鮎返りの滝^^
間近で見れる、こんな豪快な滝が私は好きです。

私が強引に配役決めましたが、いずれ本人らからクレームが来るでしょう^^;

>うっかり八兵衛

え? ミニベロさんは、そうゆうキャラだったんですか?(笑)
私は、てっきり、助さんやりますからと、仰ると思ってましたが(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/04 19:55 * edit *

役所が少しおかしいと思いますが・・。
格さんはtakesanさんでしょう(笑)
私は風車の弥七で(爆)

ま、そんなことはどうでもいいんですが(笑)こっちからですか。
しかも山陰行脚の一発目にこんな酷いところに連れて行くとは・・・(爆)
だからバチが当たるんです(クツ・・・爆)
それに私がここで撮った滝の写真はほとんどゆるポタさんの頭が入ってました(爆)
そのままアップしちゃおうか(爆)

まっちゃん #/aF5ZJNE | URL | 2009/06/04 22:40 * edit *

いつの間に黄門様ご一行になったのでしょう?
私が助さん?(; ̄ー ̄)

お疲れ様でした^^
一応、鮎返りの滝ということでコメントしますが(笑)、
ここはある意味、いい方向に期待を裏切ってくれましたよね^^
真下までは降りれませんでしたが、水量も豊富でダイナミックでした。
ここも動画で撮りましたが、結構な轟音が撮れてますよ^^

私もここでの写真は、ほとんどゆるポタさんが写っています(爆)

ち~っ、吊橋からは滝口が見れたのか・・・(; ̄ー ̄)
橋からの景色は全く見ていませんので、下が川だったかどうかも覚えてません(爆)

ちなみに苔度20%となっていますが、これは滝そのものの数値になりますか?
今度、私もこの滝をアップしますが、それを見ると苔度が上昇するかもしれませんよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

マシンガン #mQop/nM. | URL | 2009/06/04 23:18 * edit *

まっちゃん>

いや、助さんと格さんは、体格似てないと(笑)

ご苦労様でした。
私が行った時の記憶では、景色を眺めながら楽しく歩いた記憶しかなく
楽な行程だろうと、思ってたもので^^; 最近、記憶力がね~(爆)

まず手前の滝からの紹介が、正統派でしょう(笑)
だから、私が、ここで撮る?と聞いたのに、いいです、なんて言うから(笑)
滝下まで降りれる道が、崩れていたのが残念でした。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/05 18:21 * edit *

マシンガンさん>

私は、前から、水戸黄門を連想してましたよ(笑)

お疲れ様でした。
マシンガンさんが、あんな持病持ちとは知りませんでしたから^^;
知ってたら、別の場所を選んでましたよ。

鮎返りの滝は、良かったですね。もっと近寄れたらよかったのですが。
ここでも、動画撮ってましたか。それは楽しみ^^

苔度は、TOP画像のような全景画像周辺の範囲内の苔の割合で出してます。
この滝の下流で、苔ばかり撮ってたように見えましたが、やはり(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/05 18:34 * edit *

マシンガンさん情報だと、また転けたのかな?
やはり、転けたときに温かく手を差し伸べる者がいなかったようで(笑)
天下の副将軍というより、転下の腹(黒)症候群と言った方がいいようだ(爆)
トレッキングのキャリアのあるものとしてアドバイスすると、シューズは泥やほこりを乾いた布でしっかりと取り去って、靴底を上にして陰干ししよう。
陰干しの後には、防水性のクリームを塗り込んでおくといいそうだ・・エヘン!(^^)!
私のトレッキングシューズは買って20年たつが、おかげでまだ新品に見えるよ。
もっとも、ヲアネーが手入れしているが(爆)

あっ!、写真のコメントを忘れた。
感動したー(爆)

ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 2009/06/05 19:57 * edit *

ヲアニーさん>

手入れもせず、そのまま数年間ほったらかしにしてましたから^^;
ゴムが劣化してたようです。お気に入りのシューズだったんですけどね。

いつの間にやら、トレッキングのうんちくを語られる側に、なってしまいましたね^^;
20年も使えるとは、凄いですね。 物は大事にしないと、いけませんね。
良く出来た奥さんですね~ その正反対さが、夫婦円満の秘訣でしょうか(笑)

感動スパムコメントありがとうございます(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/05 21:22 * edit *

琴浦町にようおいで下さいました。それも、お供の方を引き連れて(?)・・・
お供の方も、まさか滝を見に行くつもりが、荒行までする羽目になるとは、
予想しておられなかったことでしょう。昨今の、局地的集中豪雨の影響かと思われます。
しかしながら、私は旧赤碕町民の為、「船上山」の方に馴染みがあり、旧東伯町エリアの
「大山滝」は名のみ知るところでございます。

ゆるポタさんの写真には、水の流れを感じる事ができ、その迫力に、
少々疲れ気味の私は、流されそうになりました。(笑)
しかし、最後の写真で、ホッと一息つくことができ、しばし和んでしまいました。
これって、なかなかのストーリー?と思っているのは、私だけ・・・

次回、本編「大山滝」楽しみにしています。
今度は、流されないようにしなくては・・・(笑)







sugar #- | URL | 2009/06/05 22:14 * edit *

sugarさん>

私の記憶では、もっと楽なはずだったんですけどね^^;
あの階段が誤算でした。
東伯と伺ってましたが、赤崎でしたか。
地元なんですから、大山滝にも、是非行ってもらいたいですね(笑)

迫力ある流れでしたので、流れ重視の写真にしましたが
流れが強すぎましたかね(笑)
一応、写真の順番は決めてますが、そこまで狙った訳ではないです(^^ゞ

大山滝は、大きな滝なので、景色優先ですから、流されませんよ(笑)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2009/06/06 17:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/311-9d077079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。