山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - かまこしき滝 (かまこしき渓谷内) (春) - 



かまこしき渓谷の名前の由来にもなっている「かまこしき滝」である。

かまとは「釜」で、周囲18mの大きな滝壺の事で、こしきとは「甑」の事で、深さが7mもある甌穴の事である。
甌穴(おうけつ)というのは、水流の浸食により岩石にくぼみができ、そのくぼみに小石が入ると渦流によって
その小石が回転し長い年月を経て円形の穴に拡大する事である。

その甌穴の深さが7mだから結構な深さなのだが、実際に見てみると何処が甌穴なのかよく分らない(^^;
よって、写真で説明も出来ない。案内板には、もっと分り易い図でも書いておいてほしかった。
かまこしき滝自体は、小規模だし、正面から見れない上、近くまで近づけない。



ぽっかり開いた青空が水面に写っている。↑↓



ここには、他にも「はんざけ岩」など、奇岩怪岩があり、滑(なめら)滝という滝も在るが、私からすると、
どうも滝に見えないので、百選には入れない事にした。  下は「はんざけ岩」、こちらの方が滝っぽい(笑)

はんざけ岩


◎ かまこしき滝 (かまこしき渓谷内) (第41選)
   名瀑度  ・・・・★
   滝見道難度・・・★★★⋆(ここの遊歩道は上りが多く、結構疲れる)
   落差   ・・・・・3m

 

 この「かまこしき渓谷」は、道のつけ方がよくない。渓流沿いに歩ける道が無い。
 登ったり、降りたり、渓流の流れは上の方から覗ける程度で、各滝に行くには、狭い道を降りていくしかない。
 いい渓流なのに、もうちょっと考えて、道を造ってほしかった。弱者に優しく無い場所である。

かまこしき滝の全景。滝周辺にだけ日が差しているため、白トビして話にならない(´・ω・`)撮る意欲が無くなった。



関連記事

コメント

こんばんは。

オフ会でもちょっと話題になっていたかまこしきの由来ですね。
確か奥津渓谷で甌穴を一度見たことがあります。
どうしてこんな穴ができるのかなと思っていたのですが、小石の仕業だったんですね。
ところで2枚目の写真なんですが、太陽の光芒がきれいに写っているのですが、これってどうやって撮るのですか?

白ネコ #ErkORn5Y | URL | 2007/07/17 21:31 * edit *

白ネコさん>

こんばんは(^^)
7mもある甌穴も、見れなければ意味がありません(´・ω・`)
かまこしき渓谷も名前負けしてる感じです(笑)

えー(^^; 別に何もしてません・・・白ネコさんも太陽にレンズ向けて、
シャッター押してみて下さい。撮れてると思います(爆)

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2007/07/17 22:05 * edit *

やっぱり・・・

水の流れは、シャッタースピードを遅くして撮るのが好きだなぁ^^;
水面に映った青空は、その前にちゃんと青空をUPしているからよくわかりますね。さすが、腹(黒)怪長の演出はすばらしい(笑)

前の記事にも書きましたが、一昨年行ったときにこの看板は見た記憶があるが、草が生い茂っていて、どこから降りていいかわからなかった。
夏でもあるし、ヘビが出てきそうで怖かったから、途中で帰っちゃいましたよ^^;

ヲアニー #- | URL | 2007/07/18 21:09 * edit *

ヲアニーさん>

こんばんは(^^)
やっぱりそうですよね~ この日は、朝から空一面曇りで、意気揚揚と出かけたのですが
到着するなり雲が無くなり、がっかりで、惰性で撮ってました(^^;晴れ男は困ります(笑)
晴れると、テンション下がります・・・

記事にも書きましたが、ここは道のつけ方が全然ダメです。
たしかに夏頃なら、細い道ですから草で分らなくなるでしょうね。
恐らくヘビもいるでしょうね(^^; 標高低いし日の光が直接地面に当ってますから。

ゆるポタ #GwI18cS2 | URL | 2007/07/18 21:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurupota.blog66.fc2.com/tb.php/136-c66d3429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。