山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ダムを走る - 尾原ダム ついに実現、念願ダム - 

Img23523.jpg


Img23499.jpg


Img23473.jpg


Img23456.jpg


尾原ダム・・・・



暴れ川として幾多の水害をもたらした斐伊川の治水対策の要として建設されたこの「尾原ダム」は、ダム湖ポタを
一つのテーマとしている私としては、必ず走破しなくてはならないダムだった。
多くを語れないが、それ以上に走る宿命を感じていたダムだった・・・(笑)

まだ完成した訳ではないが、最新のダムだけあって、展望台、特産品販売所など、ただダムとして使うのではなく、
その敷地を有効活用しようという市民に優しいダムで、駐車場も至る所にあった。
中でも特筆すべきは、ダム湖を回る自転車のサイクリングコースを建設予定としていることだろう。
まだ未完成だったが、どのようなコースとなるのか、今から楽しみなところである。

まだ車両進入禁止の道路ばかりなので、出来たばかりの新品の道路を、一人自転車で飛ばすのは、とても気持ちが良い。
水没してしまった道を、物思いにふけりながら眺められるのも、ダム湖の楽しみの一つである。
結構な勾配があるので、次回はブルーノで攻略したい。
今まで走ったダム湖の中では、一番楽しいかもしれない。  流石! 尾原ダム(爆)


Img23470.jpg


Img23483.jpg


Img23518.jpg


Img23491.jpg



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

歴史街道を走る - 広瀬清水街道 ソラリスの日の元で - 


000019(2).jpg


000008(2).jpg


000014(2).jpg


意味不明のタイトルだと思われるだろうが(笑) ソラリスとはフィルムの名前である。
「Ferrania Solaris FG PLUS」 フェラーニアと言うイタリアのフィルムである。
最近、トイカメラが人気のようで、独特の色味を出すヨーロッパ製のフィルムと相性が良いらしく
何種類かヨーロッパ製のフィルムが日本でも取り扱われるようになった。他に中国製もある(笑)
どうゆう形にせよ、フィルムが注目されるのは良い事である。

しかし、私としては、トイカメラにしても、自転車のピストにしても、どうも正統派から外れたニッチな
ものが流行るのは、その趣味がこれからも定着し長続きするのか心配になるところもある。
他人と差別化を図りたがる日本人気質のせいもあるだろうが、雑誌社が売れる記事ばかり考えているため、
その方面の本を沢山出すので、それに拍車をかけているような気がする。

話しがそれたが(笑) このフィルム、見れば一目瞭然、たしかに独特の色や雰囲気である。
何処となく懐かしい気分にさせてくれ、古い風景と相性が良さそうだ。まさにノスタルジー(笑)
デジタルで、手軽にこの雰囲気を出すのは不可能だろう。
こんな写りには好き嫌いもあるだろうが、私はどちらかと言うと好きな方である(^^ゞ


000010(2).jpg


000011(2).jpg


000013(2).jpg

                                                        Ferrania Solaris 100



げに楽しきは、フィルムの世界^^
余談だが、カラーネガをパソコンで見ると粒子が目立ち、そのフィルムの特性が強調され過ぎて見えるようだ。
サイトによっては、綺麗にプリントと同じようなクオリティーでUPしているところも見るが、
私には、どうやればいいのか分からないので御容赦願いたい^^; 
実際のプリントは、もっと写実的で写真の様です(笑)


              -----------------------------------------------------------------------------------------------------------



写事想々 - 神社はスナップ写真の夢を見るか - 

700_4482.jpg


700_4405.jpg


700_4505.jpg


スナップ写真とは、日常で出会った一瞬の光景という事になっているので、
神社などの写真もスナップと言えなくもないと思うが、どうもスナップと言えば街の風景で、
神社を撮ってもスナップ写真とは思われていないところがある。 神格化されていて、人間臭さを感じられないためだろうか。

街を行きかう女性を撮るとスナップだなと思われるが、巫女さんを撮るとマニアと思われかねない(笑)
神社や寺は損をしているような気もするが、人間の営みや記憶の中の風景を連想させないところもあるので、
神社仏閣は、スナップとはまた別のグループなのかなと思ったりもする。
有名写真家が、スナップを撮りに行くと言って、神社に出掛けたなんて話しは聞いた事ないし(^^ゞ

街撮りをしたいと思っていたのだが、都会ほど被写体も無く、神社や寺なら
いくらでもあるのになと、ふと思った。 最近、被写体に飢えてます(爆)


700_2279.jpg




              -----------------------------------------------------------------------------------------------------------



thread: スナップ写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 18 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。