山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

新・山陰の滝を見る - 髢が瀧 (春) - 

     

                  

     

     
     
この「髢が瀧(かもじがたき)」は、最初に行った時は、ISOを400で撮っていて、撮り直さなくてはと思っていた。
春のこの水量の多い時期だと、雰囲気がガラッと変わっていて驚いた。
前回のと比べてみてもらえば一目瞭然だが、まるで別の滝のようだ。

               山陰の滝を見る - 髢が瀧 (冬) -

滝は、季節、天候、水量、カメラ(笑)で、別物になる。
それがまた、滝撮影の魅力だと思う。

     

     

     


・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 22 | edit

新・山陰の滝を見る - 蹄の滝 (春) - 









今回は、撮り直しの島根県安来市の「蹄の滝」を。
全てアンダーで撮ってみたが、フルのダイナミックレンジの広さなら
アンダーでもそれなりの雰囲気が出るし、深みが出るだろうか。
怒アンダー派の私としての方向性は決まって来た。

余談だが、今回、蹄の滝の由来となっている、山中鹿之介が馬で飛び降りて付いたという
蹄の跡?を発見した。感無量(笑)









・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700




thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

自転車から見える景色 - 黄砂に降参な日 - 

     

     

     

     

日が当たってるのか、曇っているのかさえも分からないほどの黄砂の日。
自転車人としての選択を迫られる。
走るべきか、止めるべきか(笑)

だが、どうしても走ってしまう。
様々な花が咲きかい、あちこちから鳥の声が聞こえ、景色が生き生きとしているから。
人間は生命力を感じると元気になるようだ。

                                                                (with BRUNO  2011.5)

     

     

     

     

     


・Ai Nikkor 45mm F2.8P  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


鳥取の田園を走る - 素晴らしきかな水田 - 


     

     

     

     


この時期しか見られない、期間限定の風景。

山の新芽の萌黄。
水田に映る紺碧。

なんて素晴らしい風景。
なんて素晴らしい風景。
なんて素晴らしい風景。

田園よありがとう。自転車よありがとう。
 
                                                               (with BRUNO  2011.5)

     

     

     

     


・Ai Nikkor 45mm F2.8P
・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


新・山陰の滝を見る - 不動滝(青谷町) (春) - 

     

                  

     

     

鳥取県青谷町お手軽3滝、三つ目は「不動滝」。一の滝とも呼ばれている。
霊場の中に在り、信仰の滝なのだろう。鳥取県には不動と名の付く滝が沢山ある。
大山信仰もあり、この地に修行や祈りに来る人が多かったためだろうか。
この不動滝も、滝に打たれるにはベストな高さと水量だった(笑)
縦に長い滝は、フルの広角だとワイド感が出て、臨場感があっていい。

                  

     


◎ 不動滝(青谷町)  (第78選)
   名瀑度  ・・・・ ★★★⋆
   滝見道難度・・・ ★★(歩いて5分)
   落差   ・・・・・ 12m 
   苔度   ・・・・・ 30%

 ・鳥取市青谷町 勝部川支流 ……
   山陰道 青谷IC下りて、51号線を走っていると、不動滝の案内板が有る。
  

・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

新・山陰の滝を見る - 妙円滝 (春) - 

     

     

     

     

鳥取県青谷町お手軽3滝、二つ目は「妙円滝」。三の滝とも呼ばれている。
誰もが、この岩肌を縫うように流れ落ちる分岐瀑ならではの流れに好感を持つだろう。
私も、この流ればかりを撮っていた(笑)  3滝の中では一番優雅な流れだろうか。
フルのダイナミックレンジだと、さすがに長秒露光も白トビせずに、よく写る。

     

     

     

     


◎ 妙円滝  (第77選)
   名瀑度  ・・・・ ★★★★
   滝見道難度・・・ ★★(歩いて10分)
   落差   ・・・・・ 15m 
   苔度   ・・・・・ 20%

 ・鳥取市青谷町 勝部川支流 ……
   山陰道 青谷IC下りて、51号線を走っていると、不動滝の案内板が有る。
  

・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

新・山陰の滝を見る - 湯原滝 (春) - 

     

     

     

     

気が付いたら1年近く滝見に行っていなかった。
去年は異常な熊の出没数に怖じ気づき^^; 今年は異常な雪の多さで山に入れず^^;
まあ、フルでの滝撮影環境を整える期間だったと思うことにする。

で、今年最初に向かったのは、前から目を付けていた鳥取県青谷町のお手軽3滝である。
まずは「湯原滝」から。
お手軽3滝の中では、一番地味かもしれないが、岩壁を覆う苔がなかなか良かった。二の滝とも呼ばれている。
D700での滝撮りを試行錯誤するには、丁度良い滝だった。

しかし・・・フルサイズだからなのか画素数が増えたためなのかまだ分からないが、
610万画素のAPS-Cで満足していた自分が恥ずかしい・・・
「山陰の滝を見る」も、「新」を付けさせてもらって、今までの滝も撮り直そうと思う。

     

     

     


◎ 湯原滝  (第76選)
   名瀑度  ・・・・ ★★★
   滝見道難度・・・ ★★(歩いて5分)
   落差   ・・・・・ 15m 
   苔度   ・・・・・ 60%

 ・鳥取市青谷町 勝部川支流 ……
   山陰道 青谷IC下りて、51号線を走っていると、不動滝の案内板が有る。
  


・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 28 | edit

建物の記憶 - 旧俣野小学校 - 

     

     

     

     


私の知り合いに小学校を撮るのがとても好きな人がいる。小学生がではない、念のため(爆)
だからと言う訳ではないが、鳥取県江府町の「旧俣野小学校」を見に行った。
廃校と言う事だったので、古い建物を想像していたが、まだ新しそうで、小学校というよりロッジを連想させた。
木造校舎で暖か味を感じるのだが、被写体としては隣りの錆付いた体育館の方が魅力的に思える^^;

このまま朽ちさせるには、もったいない建物で、何か他に利用方法がないものだろうか。
最近、廃校になった学校を、食堂や宿泊施設、会社として利用する試みが増えてきたようだが。


                                                              鳥取県江府町「旧俣野小学校」


     

     

     

江府町が威信を掛けて造ったような建物で、これを税金の無駄遣いとは言いたくない。
子供達にとっても自慢できるような校舎で、子供達の声が聞こえなくなったのは残念でならない。
過疎化と言う言葉は嫌な言葉である。

     

     

     


・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D  
・Nikkor P Auto 105mm F2.5  + Nikon D50


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

蒜山を走る - 蒜山が与えてくれたもの - 

     

     

                   

     

蒜山が私に与えてくれたもの。
絶景、爽快、癒し、風、光、道、
ポタリングとしての要素をほぼ完璧に満たした自転車道。
ただ自転車道を一周するのではなく、寄り道をして初めてその真の良さが分かる。
まさに蒜山高原ポタリングロードである。

5年目にして初めて、大山がその本来の姿を見せてくれた今回。
新たな道も発見出来た。まだまだ奥が深い。
いつの日か、山陰ポタリング倶楽部オリジナル蒜山高原ポタリングロードを完成させたいものだ。
倶楽部員の皆様、協力よろしくお願いします(笑)

                                                            (with BS Moulton  2011.4)

     

                   

     

そしてまた、蒜山は新たな出会いも与えてくれた。
大阪の唄って走れるサイクリスト、angiras6さん御家族。
今回もちゃんと首からハーモニカを下げておられた(爆)
家族4人で、毎年、蒜山ポタを楽しんでおられる。
とても楽しそうで、こちらまで楽しくなり、こんなに楽しんでもらえると、なんか嬉しい。
またお会い出来るといいですね。


                   

     

     


・Ai-S Nikkor 24mm F2.8
・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D  
・Nikkor P Auto 105mm F2.5  + Nikon D50 (一部、 SOFTON Ⅱ 使用)



           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


写事想々 - 夕暮れの駅 - 

     

     

     

夕暮れの駅は、静寂と懐かしさを感じる。
夕焼け色に染まりゆく鉄道オブジェ達が、一層輝きを増したように見えた。

駅としての役割を終え、時間が止まったかのような空間。
なんか居心地が良かった。

     

     

     

普段、夕暮れ時まで遊んでないので、橙色の空を見ると興奮する(笑)
そこに古風な被写体なんかがあったら、撮らずにはいられない。
暗くなるまで居たい気持ちを、グッとこらえてここを後にした(^^ゞ
どうやら私は、駅という存在がとても好きらしい(笑)

                                                            岡山県美咲町 「吉ヶ原駅」 にて

     

     


・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D  
・TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO  + Nikon D700


           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


thread: 駅のある風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。