山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

自転車から見える景色 - 線路の在る風景 - 

     のんびりやくも?

     

     

今年の一大イベント中海ライドも無事終わり、戦いに疲れた体を癒すべく、久し振りにBSモールトンで走った。

最近、飛ばし気味だったので(笑) この、のんびり感が妙に新鮮だった。
走っていると、電車が通り過ぎ、ふと線路が撮りたくなった。
線路の造形は面白く、何処までも続く感じが好きである。

しかし、やはり季節をじかに感じるなら、このスピードだろう。 向い風さえも気持ち良い^^

                                ・・・ (BSモールトン) 本日の平均速度 11.5km/h
                                                   最高速度 22.8km/h (2009.6)

     消火栓シリーズ

     

     夏の雲

光も、雲も、もうすぐ夏である。


スポンサーサイト
thread: 駅のある風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 23 | edit

山陰自転車人 - 中海ライド 2009 - 

     勇姿!

     正に貫禄(笑)

     多重露出

kogikogi-lifeさんに勧められ、軽い気持ちで参加した、中海ライド。

kogikogi-lifeさんは言っていた。(コメントからの抜粋)
大丈夫です。小径車も参加してますし、犬も完走してます(笑)

     よくじっとして乗ってるものだ

たしかに小径車も、犬も参加していたが、この方、ライドの宣伝マンのような存在の方では?^^;
結局、ミニベロロードで参加していたのは、私と木馬さんだけだったような・・・ ほとんどロード・・・


大丈夫です。小学生もたくさん完走してます。

     ライバル出現

たしかに小学生も参加していた。スーパー小学生が^^;  ピナレロのお父さんが先導していた。
この日は、この子と、抜きつ抜かれつのデッドヒートを展開する事に・・・

     いざ!特訓の成果を

ライドも終盤。私のライバルは、江島大橋を押して渡るようなので、ここぞとばかり車道を走り、抜き去った(^-^)v
大人げない(爆)  しかし、小学校二年生が、80kmを完走するとは・・・


大丈夫です。途中何ヶ所も休憩があるので、きつくはないですよ。

     ボトルが・・・

残り30kmを切ったところで境港駅で昼食。 もはや、ボトル取って撮ろうなどという余裕はない(爆)

たしかに、休憩ポイントも多く、全員揃ってから再出発なので、安心して走れる。
しかし、休憩ポイントまではノンストップで、kogikogi-lifeさんも、最初は私にスピードを合わせてくれている
ようにみえたが、次第にスピードが上がっていき、平均速度が未知の領域に・・・

     ホコリを被っていた

境港駅での休憩ポイントでは、どこかで見た事ある自転車に乗ったおじさんが、気さくに話しかけてきて
一緒に走る事に(笑) しかし、江島大橋の手前で、姿が見えなくなった(爆) 
未だに、倶楽部のステッカーを貼っている(^_^;)


最後の休憩ポイントの大根島のみしまやでは、いつの間にか、kogikogiさんの姿が見えず(^_^;
風避けに使っていた(最高の風避け 笑) がやんさんまで、居なくなり、私は一人ぼっちに(爆)

その時、後方から「今日は調子良さそうですね^^」と、木馬さんが現れ、(木馬さんは、いつも突然現れる)
ゴールまで道案内と風避けになってくれた。  木馬さん、ありがとう(ToT)  流石、倶楽部のエースである^^

                        そして、ついに感動のゴール。

     皆、帰り支度かよ

         「ごめんよ。 まだ・・僕には帰れるところがあるんだ・・・こんなに嬉しい事はない。」


あ、私のセリフじゃなかった、ごめん、まっちゃん(爆)
しかし、今回、自転車で初めて風になれたような気がした。これがそうか(^^)


ゴール後、kogikogiさんは
「いや~最後は、40km/h巡航で、気持ち良く走らせてもらいました~」 ・・・・・。


                                    ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 20.8km/h
                                                   最高速度 49.1km/h  
                                                   走行距離 80.45km
                                                   走行時間 3時間51分 (2009.6)


※ 今回、ご一緒下さった皆さん、ご苦労様でした。
   特に今回このような機会を与えて下さった、kogikogi-lifeさんには感謝します。 また、
   当日は、朝早くから米子湊山公園に駆けつけて下さった皆さん、ありがとうございました。
   知った顔に出会うと、また走ろうという気が湧いてくるものです^^ 感謝します。
   私のようなものでも、完走できたのですから、今回参加されなかった皆さんも、来年は一緒に
   走りましょう。 ・・・・えっ、来年も参加するの??(爆)

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 32 | edit

山陰自転車人 - 始まりはいつも突然 - 

中海か・・・

突然の事だったがサイクルイベントに参加することになった。 中海一周80kmである。

今まで気にして無かったので知らなかったが、地元にも結構な数の各種サイクルイベントがあるようである。
地元の自転車関連の組合やNPO法人が、沢山あることも初めて知った。
地元の自転車屋同士は、仲が悪く、足並みがそろってない事も知った(爆)

自分一人では、ついつい甘やかしてしまい、長距離走るのを止めてしまいがちだが、大会に出てしまうと
走らざる得ない。ロングライドに参加するのもブルーノと出会った時点で、運命づけられていたのだろうか(^_^;
ブルーノで蒜山30km走っても、物足りなかったのも事実だが、その蒜山を2周半するとなると・・・

私のために (かどうかは分からないが(笑)、わざわざ中海一周走って試走までしてもらっているからには、
やっぱり止めますとは言えない(爆)
歳を取るにつれ、自分の限界に挑むという行為をしなくなるもので、実は今回の中海ライドも、ちょっと
やる気だったりしているのだが、弱気にならないよう、記事にして後に引けないようにしてみた(笑)


  ※ 決意表明なので、コメント欄は閉じてます(笑)

trackback: -- | comment: -- | edit

島を走る - 大根島 島という風景 - 

     

     大根島名物

     

中海ライドに向けての最後の調整として、一番の難所と言われている「江島大橋(全長1446m)」とは、
どんな坂なのか実体験するため、中海に浮かぶ大根島に行って来た。

結果がどうだったかは追記を参照してもらうとして、大根島についてである。
大根島は、溶岩から出来ているため、とても平坦な島でポタリング向きな島である。
一番高い所でも標高42mしかなく、江島大橋(水面からの高さ44m)より高い所は存在しない(笑)
周囲は中海なので、ちょっと遠くを見渡せば、すぐ海が見え、島という事を実感できるが、走っていても
やはり何処か本土と違う。 TVドラマで、離島ものの医者とか裁判官の話しをやっていたが、その映像に
近い雰囲気があるように思えるのだが^_^;  島の風景を探してみた。

     

     

大根島の特徴として、島周囲の防波堤まで繋がる小道が沢山ある。
大概は行き止まりなのだが、ちょっと寄り道したくなる。

     



(立ちはだかる江島大橋)
-- 続きを読む --
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 24 | edit

島根の田園を走る - 能義地区 白鳥ロード - 

直線

一直線

曲線(笑)

安来市の一大田園地帯と言えば、能義平野だろう。
その能義平野を横断するように、「白鳥ロード」と呼ばれる道路が走っている。

冬には、白鳥ロード周辺に白鳥が飛来し、白鳥ウォッチングを楽しむ人々を多数見受けられる。
この辺りは、直線で構成されていて、真っ直ぐな地形が多く、見晴らしも良いので見ていて面白い。
白鳥ロードは地図上では、東出雲町まで繋がっているが、山越えになるため却下した(笑)

                                    ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 15.6km/h
                                                   最高速度 35.7km/h  (2009.6)



道路沿いには農村公園なるものもあり、茅葺き屋根の建物では出雲絣(いずもがすり)の絣織を見学出来る。
この建物には囲炉裏部屋もあり、絣織の音を聞きながら休憩も出来る。

え??と・・・名前・・・



動かない蝶が居たので、マクロで狙ってみたが、拡大して見ると蝶は意外と毛深い(笑)


thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

鳥取の田園を走る - 大山町の紫陽花に出会う - 

紫陽花も種類が多い



こんな色と形した飴があった

前回、天の真名井から本宮の泉までは、全く問題無く走れたので、今度は妻木晩田遺跡を抜け大山町に至る
「妻木晩田越え」を試みる事にした。

なんとか妻木晩田を越え、大山町に入ると、辺りが暗くなり天気が悪くなってきた。 流石、ぽん太さんの町(爆)
所々に、沢山の紫陽花が咲いている。 大山町は、すでに梅雨入りしたような雰囲気だった。
ある人物との待ち合わせ場所で、昼飯を食べてると、雨まで降ってきた^^; 信じられない・・・
慌てて、全速力で帰るはめに・・・

思えば遠くに(笑)

白鳳高校から妻木晩田遺跡までの坂道は、さすがに登り応えがある^^;
これ以上の勾配と坂の長さだと、荒行になってしまうので、この「妻木晩田越え」が、ブルーノの登坂能力の
限界としておこう。 この程度の坂道が普通に登れれば、私の自転車ライフには十分過ぎる(笑)

こんな坂道になると、下りは楽しいと言うより、少々恐怖心が出てくる(^_^;
この坂で、自転車人生において初の50km/hオーバーを体験した。 
ちょっとビビッて(笑)ブレーキかけたが、ノーブレーキなら何キロ出てた事やら。

                                    ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 15.4km/h
                                                  最高速度 51.1km/h  (2009.6)

グラデーションがなんとも

ふ??む

どう見ても、コスモスだと思うのだが・・・   さすがミラクル空間 大山町。

6月9日、山陰も、とうとう梅雨入りである。



(仁王堂公園にて)
-- 続きを読む --
thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 26 | edit

山陰の滝を見る - 大山滝 (春) - 



           




幾多の困難を乗り越え、一行はついに「大山滝」にたどり着いた。

落差43mを2段に豪快に流れ落ちる姿は、さすが日本の滝100選で、全国にもファンが多いのも頷ける。
が・・・・
滝見台や途中の斜面から全景を眺めると、滝音も微かにしか聞こえず、いまいち臨場感に欠ける。
苦労して鎖場をつたい、滝壺に降りて下から滝を見上げても、何故か迫力を感じない。
40m級の滝を下から見上げて、ふ??む、と思ったのも珍しい。
上段と下段が結構離れていて、下段の15mだけが目に入るためだろう。
滝壺からの全景は写真にすると、それが顕著で、とても40mの滝に見えない^^; 





この滝は、季節に応じて変化する滝周囲の景観を主体に、その景色に溶け込んでいる滝として撮るのが
正解かもしれない。
そのため、いつもなら曇りの方が滝らしさが出るのだが、今回のように日が差して、緑が輝いている方が
写真的には、この滝らしさが出るように思った。




◎ 大山滝 (第67選)  〔日本の滝100選〕
   名瀑度  ・・・・★★★⋆
   滝見道難度・・・★★★★(登山道を2km、急階段、鎖場有り 40分)
   落差   ・・・・・43m (上段28m、下段15m) 
   苔度   ・・・・・10%


(幾多の困難)
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 22 | edit

山陰の滝を見る - 鮎返りの滝 (琴浦町) (春) - 







山陰の滝百選も、自宅から半径50km圏内は、ほとんど行き、山陰をくまなく回る段階にきたようだ。
いよいよ山陰行脚の旅を始めるに当り、側用人兼ボディーガードの助さん(マシンガンさん)格さん(まっちゃん)
をお供に、漫遊する事となった。
所が、「あっしも連れてってくだせい」と、八兵衛(takesanさん)もお供に加わった(笑)

まず一行が向かったのは、鳥取県の滝100選の一つ鳥取県東伯郡琴浦町野井倉に在る「大山滝」である。
大山の東斜面、地獄谷に位置しているこの滝に行くには、登山道を2kmほど歩く必要が有る。
最近、登山道が崩落し、新たな通路として、急勾配の400段の階段が作られたが、この階段が
トレッキングに不慣れな一行を益々苦しめることに^^;
その階段を降りた所に、吊り橋があるのだが、今回の「鮎返りの滝」は、その吊り橋を渡り、20mほど
下ったところに在る大山滝の前座の滝である。





しかし、この「鮎返りの滝」だけでも、立派な滝で、水量豊富、豪快な滝である。
次回の大山滝で触れるが、大山滝より、こちらの方が印象に残ったような気がする(^_^;

周囲も木々に覆われ薄暗く、秘境の滝を思わせるが、滝口上部に、この滝より巨大な堰堤がある^^;
普通、滝側に堰堤があると、がっかりするが、この堰堤は滝の流れとは対照的で、私としては
良いアクセントに思えた。写真的にも面白いと思えるのだが・・・

尚、湯梨浜町にも「鮎返りの滝」が在るので、(琴浦町)として区別している。




◎ 鮎返りの滝(琴浦町) (第66選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★★(吊り橋渡り、20m下る)
   落差   ・・・・・9.3m 
   苔度   ・・・・・20%

 ・東伯郡琴浦町野井倉 地獄谷 加勢蛇川上流 ……
  大山滝は、誰でも知ってるだろう。案内板多数。アクセス経路多数。

-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

名水を走る - 淀江町名水巡り 本宮の泉 - 



渋っ! パート2




楽々本宮の泉にも到着し、しばし前回から変わらぬ水場の景色を堪能した。
天の真名井も本宮の泉も、相変わらず綺麗な水を湧き出させているので安心した。
水と自転車が好きな私が、名水を巡り、水田を走りまわる、こんな自転車冥利に尽きる日はない^^

「本宮の泉」→      鳥取因伯の名水を巡る - 本宮の泉 (暮らしの中の泉 No.5) -

今回、気温も低く汗もかかなかったので、ジャージの機能も発揮されず、距離も短めだったので
パッドの効用も確認出来なかった。 もっと距離を伸ばすべきだろうか^^;

                                    ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 14.9km/h
                                                  最高速度 42.7km/h  (2009.5)


ヨメや?い 何処行った


一つ気がかりだったのは、昔はつがいだった鴨が、雄しか居ない事だった。心なしか悲しそうである。
以前、ヲアニーさんが、美味しそうだと仰っていたが、まさか・・・いやいやそんな事は・・・




日本の耕運機のデザインは世界一


田んぼの風景は、やっぱり良い。 耕運機までもが風景に溶け込んでいる^^





thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。