山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 清滝(大田市)内 小滝 (春) - 







最近、雨でも強引に滝見に行っている^^;
西から天気が回復するようだったので、天気の悪い日に行くと決めていた島根県大田市久手町に在る
「清滝(大田市)」に行ってきた。 鳥取県日南町にも清滝が在るので、(大田市)と書いておく。

清滝を中心に、清滝自然公園となっているが、今では名ばかりで、今回の小滝と清滝以外の滝は
道すら無く私には行く事が出来ない^^;  この2本の滝以外に、4本も滝が在るらしいが・・・
しかし、この天気の悪い日に行ったのは大正解で、普段水量の無い滝が、見違えるような素晴らしい滝に
変身していた。 特に、今回紹介するこの「小滝」には感動した^^ 星4つ。
名前は小滝と控え目だか、水量有る時は、そこら辺の滝とは比べ物にならない滝である。
新緑とのマッチィングも最高で、正に自然の美である。 本命の清滝より、私はこちらの方が気に入った。







今回、秘密兵器 ND8フィルターで、さらに流れを強調してみたが、この様な滝の流れには威力を発揮しそうだ^^
しかし、ファインダーが暗すぎて、PLフィルターの微妙な効き具合の調整が難しい・・・


◎ 清滝(大田市)内 小滝 (第64選)
   名瀑度  ・・・・★★★★ (雨天限定だが)
   滝見道難度・・・★ (駐車場から50m)
   落差   ・・・・・7m (幅 15m)
   苔度   ・・・・・5%

 ・大田市久手町刺鹿 江谷川支流 ……
  24号線で木次まで行き、197号線で斐伊川沿いを走り、そのまま広域農道を走った方が
  大田に行くのは速そうである。広域農道から多伎まで出て、後は9号線を走る。
  久手港入り口の案内板を過ぎ、押しボタン式の信号を左折する。
  道なりに走っていると、清滝の案内板が有る。江谷ダムを過ぎ、走っていると
  「清滝 230m」の標識が有り、ここに車を停める。ただし2台分のスペースしかない。
  
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

山陰の滝を見る - 阿蘇山一の滝 (春) - 



          



鳥取県倉吉市岩倉に在る 「阿蘇山一の滝(岩倉の滝)」である。

この滝を見て、まず目に入るのは滝周囲の石像群である。
この滝も不動明王を祀り、信仰の対象になっているが、さらに行者の道場ともなっている。
滝に打たれると病気が全快するとされ、石像群も信者が奉納したものだそうだ。

この石像群に囲まれた滝を見ていると、自然の神聖さというよりも、信仰としての神聖さを強く感じる。
日本人が、いかに滝を自然の象徴として感じ、信仰の対象として崇めているかを、改めて感じた。
天然の滝だが、流れは人為的に変えてあるような気がする。






◎ 阿蘇山一の滝(岩倉の滝) (第63選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(本堂から歩いて200m)
   落差   ・・・・・9.3m
   苔度   ・・・・・5%

 ・倉吉市岩倉 岩倉川支流 ……
  国道313号線を倉吉方面に進み、上古川と白山命水の看板がある信号で左に曲がり、
  309号線を走る。T字路で、再び倉吉方面に曲がり、岩倉と書いてある看板を見て右に曲がる。
  そのまま岩倉集落を走り進んで行くと、道が狭くなるが、気にせず直進。
  やがて、 阿蘇山一の滝の案内板が見えてくる。その前方にとても小さな石橋があり、
  その橋を渡り、物凄い林道を500mほど走ると、以外なほど大きな本堂が有り、駐車できる。
  そこから200mほど歩くと、この滝が在る。
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

山陰の滝を見る - 大滝山不動滝 (春) - 



          



最近、晴れても強引に滝見に行っている^^; 
今回は、鳥取県倉吉市関金町に在る 「大滝山不動滝」である。

この滝、落差35mと、ほどほどの落差があるのだが、日野町の龍王滝ほど落差も幽玄さも感じず、
雲南市の矢入大滝ほど迫力も流れも感じず、大きさの割には小じんまりした印象だった。

大滝山観音堂を中心に、緑地休養施設として整備されたようで、この滝の隣には屋根付きの東屋が有り
座って滝を眺める事が出来る。比較的新しい不動明王の大きな石像もある。
しかし、この休養施設、現在ではほとんど使用されておらず、老朽化のため立入禁止の建物もあり、
観音堂に入る道路も、荒れ放題で、ほとんど人は来ないようだ^^;
しかし、滝のお地蔵さんには、ちゃんと花が活けてあった。






◎ 大滝山不動滝 (第62選)
   名瀑度  ・・・・★★
   滝見道難度・・・★(林道から見える)
   落差   ・・・・・35m
   苔度   ・・・・・10%

 ・倉吉市関金町 大滝山 ……
  国道482号線を走り、関金方面に313号線に曲がる。
  山口方面に曲がる115号線の標識で、左に曲がり、国道の高架下を通るように
  すぐにまた左に曲がる。道なりに進み、T字路で三朝方面に曲がり、306号線の標識で
  左に曲がる。トンネルを通り、少し走ったら、大滝山に曲がる小道がある。
  

-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

島根の田園を走る - 論田町地区 桜散るころ - 

ヒラヒラ?

ポトリ



一気に春を通り越して、夏日になってしまったかのような日が続くので、桜も満開から、
あっという間に散り始めたようだ。
この時期、安来市では至る所で、桜の花びらが舞っている。
道路脇に積もっている桜の花びらを見てると、花に興味の無い私も、何故か寂しさを感じる。

一方で、何処を走っても、今は花・花・花で、まさに春爛漫と言った雰囲気ではある。
さすがの私も、まず花が目に入り、花を撮らざる得ない^^;

                                             ・・・本日の平均速度 13.4km/h  (2009.4)





今年最初の鉄写真。 鉄写真は電車無し路線でいきたい(笑)

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 18 | edit

島根の川を走る - 吉田川 綿帽子飛んだ - 

     

     影に目がいく?

     桜に目がいく?

「吉田川」は、安来市を流れる3本の川の中では、一番私向きの川かもしれない。
川幅は広すぎず狭すぎず、周囲には田園と集落が広がり、まさに田舎の風景。
裏道から裏道へと、グルグル走っているが、いつも私の目を楽しませてくれる。

春うららの日差しの中、満開の桜を横目に見つつ、二階堂ワールドを探したが、
そう何処にも有るもんじゃない^^;
しかし、いよいよ春本番である(^^) 遂に来た(^^)(^^) やっと来た(^^)(^^)(^^)

                                             ・・・本日の平均速度 12.7km/h  (2009.4)

     川に目がいく?

桜は、どちらかと言うと、山桜が好きである。 ソメイヨシノは、お上品過ぎる^^;

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

BSモールトンを走る - BSモールトン モディファイ完成 - 

      
                                   After
                                    ↓
                                  Before
      

      
                                   After
                                    ↓
                                  Before
      

BSモールトンのゆるポタ仕様のモディファイが、ついに完成した。

もともと完成された自転車なので、コンポとか大規模にいじる必要も無いので、
使い勝手と必要性と自分のスタイルに合ったパーツを選んで組んでみた。
重心も低くし安定性も増したので、心置きなくポタリングと撮影にも専念できるというものである^^

しかし、こうやって完成したBSモールトンを、改めて眺めてみると、やはり気品を感じる(笑)
最近、部屋の中で珈琲飲みながら、自転車眺めるのが至福のひと時となっている(自己陶酔・・・)


BSモールトン ゆるポタ仕様
 ・サドル → (sportourer AIR ACTIVE)
 ・スタンド → (ESGE ダブルレッグスタンド)
 ・ペダル → (ミカシマ プロムナード)
 ・グリップ → (ビービービー エクスクルーシブ本皮グリップ)
 ・チェーンホイール → (スギノ アルミチェーンリング&ダブル樹脂ガードセット 53T)
 ・ボトルケージ (ミノウラ製)
 ・サイクルコンピューター (キャットアイ ワイヤレス CC-MC100W )
 ・バックミラー (B&M サイクルスター901/3)
 ・フロントバック (リクセン&カウル スマイル)
 ・リクセン&カウル アタッチメント (Terada オリジナル)
 ・サドルバック (オーストリッチ SP-504 サドルバッグ)

山陰の滝を見る - 岩本の御滝 (春) - 







赤碕方面遠征の2本目の滝は、鳥取県東伯郡琴浦町奥岩本に在る「岩本の御滝」である。

この滝も、不動明王を祀る信仰の滝で、見事な不動明王の石仏が、苔と共に滝と同化している。
どうも信仰の対象となっている滝は、「御滝」と言うようである。
この滝の周囲は、苔だらけで、この日は日も当たっていた事もあり、キラキラ輝いていた。
今では、それほど水量は無いようだが、えぐられたように滝周囲が湾曲しているところを見ると
昔は、相当な激流滝だったようだ。





光に反射して、飛び散る流れを撮っていると、まるで花火の光跡のようである。
今回は、マクロレンズが大活躍だった。
不動明王は、苔が炎のようにも見える。




◎ 岩本の御滝 (第61選)
   名瀑度  ・・・・★★
   滝見道難度・・・★★(平坦な山道を50mほど歩く)
   落差   ・・・・・7m
   苔度   ・・・・・90%

 ・東伯郡琴浦町奥岩本 八橋川支流 ……
  国道9号線を走り、赤崎中学校入口の標識があるポプラ横の道路を右に曲がる。
  30号線から中部広域農道に入り、鳥取牧場、運動公園を横手に見ながら進む。
  やがて八橋川が見えてくるので、川手前の小道に入り、岩本の集落を走る。
  舗装が切れるところまで走り、そこに車を停める。滝への小道がある。
  ただし、この岩本集落の道路は、狭く荒れているので、ジムニータイプで行くのが無難(笑)

-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 18 | edit

山陰の滝を見る - 願満さんの御滝 (春) - 



          



鳥取県の赤碕方面も、名和まで無料の自動車道が開通したため、行き易くなった。
この赤碕周辺にも、滝が2本在るので行ってみることにした。
まず1本目は、鳥取県西伯郡大山町金屋に在る「願満さんの御滝」である。

この滝は、湧水が湧出して滝となる潜流瀑なので、水量があるわけではないが、入口には鳥居があり
滝の側には祠があるところを見ると、信仰の対象となっている滝のようだ。
調べてみると、地元の漁師さん達が、大漁と操業の安全を祈ってお詣りしていたらしい。
また、昔は海水浴客が、この滝をシャワー代わりに使っていたとか(^^ゞ
すだれ状に流れる滝だが、水量無くてもいいから、もっとほんとのすだれの様に流れていてほしかった。





新顔の滝も、約半年ぶりの更新となり、ついに60選目に突入した^^


◎ 願満さんの御滝 (第60選)
   名瀑度  ・・・・★★
   滝見道難度・・・★★(ゆるやかな斜面を100mほど下るだけ)
   落差   ・・・・・3m(下段のみ)(上段は9mらしい)
   苔度   ・・・・・20%

 ・西伯郡大山町金屋 ……
  国道9号線を走っていると、左手に「願満教会」の看板があるので、この寺への道に入る。
  ちょっと走ると、願満教会が見えてくるので、車を停めさせてもらう。
  寺の敷地内に、滝への下り道があるので道に沿って100mほど歩くと、鳥居が見えてくる。
  その鳥居をくぐると、滝が見える。
  大山町の滝だが、琴浦地区の滝としてまとめる。

  
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

山陰の滝を見る - 聖滝 (春) - 







最近、私の周囲で、滝や渓流の記事を見掛け、私も行きたくなってきたので、久し振りに滝見に行って来た。
2年前、雨にやられ、1枚しか撮れなかった鳥取県日南町の「聖(ひじり)滝」に、リベンジに行く事にした。

が、今回も雨・・・ 小雨だったので止むのを待つが一向に止まない。
なんとか強行撮影したが、どうやら、この滝とは相性がよくないようである^^;
滝口の上にも登ってみたが、落差6mといっても上から眺めると、それ以上の高さを感じ、ダイナミックである。
水量も多く、雨で濡れた岩肌の質感が、なんともいえない。 自然の造形美も素晴らしい。
雨は撮影には良くないが、滝の雰囲気は各段に上がる。 滝撮影の恨めしいところである。






この滝の渓流は、画になる渓流が多く素晴らしいのだが、雨のため思うように撮れず、
完全攻略とはいかなかった。  またリベンジに行かずばなるまい。
この聖滝は、滝の雰囲気、渓流、遊歩道の整備、どれを取ってもレベルが高い。
前回、名瀑度を★★★にしていたが、★★★★に引き上げたい。




山陰の滝を見る - 聖滝 (秋) -






thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 18 | edit

島根の川を走る - 意字川 スダジイに会いに行く - 

     スダジイ

     ミニベロロード2台

     コケま・・・いや止めよう^^;

この日は、木馬さんにある作業をお手伝い頂いたのだが、ふと車(ペガサス級)を覗くと、見慣れない新型が
搭載されているではないか^^;
バレましたか(^^ゞ なんて言っているが、「GIOS」なんて派手な文字が随所に書いてある自転車が、目立たない
訳がない(笑)  「PANTO」良いですねと、メールを頂いていたが、まさか既に購入されていたとは(笑)

これは御一緒せねばと、木馬さんの提案で、日本一のシイの木「スダジイ」が住んでいるという、
島根県八雲村の志多備神社周辺に、クロモリミニベロコンビで、出掛けてみた。

     志多備神社

しかし、これほどの巨木を間近で見ると、圧倒されてしまうが、なんか気持ちいい。生命という物を感じる。
自転車で巨木巡りがしてみたくなった。何処か他にも、ないだろうか。
志多備神社は、出雲風土記では出雲一宮に数えられている由緒ある神社でもある。

                                            ・・・本日の平均速度 13.9km/h
                                                  最高速度 36.3km/h  (2009.3)

     

     椿と桜とブルーノと

意字川沿いに植えてある桜も、所々満開に近い木もあり、思いがけず花見が出来てしまった。
意字川は以前、熊野大社までしか走らなかったが、さらに上流も良い所ではないか^^ また来よう。

-- 続きを読む --
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 12 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。