山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 8月 - 

      自然の中に溶け込むモールトン

      

安来市には、かかしが居ない。(私は案山子という漢字に風情を感じないので、あえて、かかしと書いてます)
こんなに田園風景が在るのに、かかしというアクセントが無いのは、もったいない気がする。
と言う事で、かかしを探しに古代出雲王陵の丘周辺の田園地帯に行ってみた。

しかし、ここでも中々かかしとは出会えず、散々探し回った挙句、やっとのことで見つけた。
でも、このかかし、ちびまるこちゃんのキャラクターのような顔が書いてあり、ふ?むと思ってしまった(爆)
昔は、ごく自然に何処にでも居たかかしが、ここまで居なくなってしまうとは、どうしてなんだろう。
科学的に鳥避けにならないと分かったためか、農家の人の遊び心が農家の現状から無くなってしまったのか
いずれにしても、寂しい限りである。

                                             ・・・本日の平均速度 13.1km  (2008.8)

      雲間から射す光 天使の道だったか

      花輪君と藤木君を足したような


                      古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 3月 -
                      古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 5月 -

スポンサーサイト
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

干拓地を走る - 安来干拓地 夏の終わりに - 

最後のひと鳴き



去年は残暑が厳しく、思ったほど走れなかったのだが、今年はなんて過ごしやすいんだろう、この秋は
沢山走れそうな予感である。  近所の定番コース、安来干拓地を走ってみた。

セミの鳴き声も日増しに小さくなり、使われなくなったボートや猫じゃらし?などを見てると、夏の終わりを感じる。
夕暮れの空を見てると、涼しいのでまるで秋のような気さえする。 処暑とはよく言ったものだ^^
流れ行く雲を、しばし眺めながら帰路についた。
今回、ほんとにゆっくりと走ってみたのだが、この速度ならジョギングと変わらない気もするが、
まぁ、いいか(笑)
                                             ・・・本日の平均速度 9.4km  (2008.8)



処暑

                      干拓地を走る - 安来干拓地 冬の大山 -
                      干拓地を走る - 安来干拓地 菜の花畑 -
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

自転車から見える景色 - リハビリポタ - 



夕日に染まり清々しい

8月も過ぎてくると朝夕は過ごしやすくなり、自転車にそしてカメラに1ヵ月以上触れてない身には、
もう辛抱できなくなり、思い切って自転車で出掛けてみることにした。

カメラを握るのがまだ億くうだが、自転車に乗るのには支障はなく、なんだか懐かしい気分で走れた。
ちょうど夕焼けになり、風景的にも自分的にも、清々しい気持ちで、ゆったりと走れた。
夕景よありがとう。やっぱりポタリングは止められない^^
                                             ・・・本日の平均速度 13.5km  (2008.8)



気がつけば、もう稲穂が垂れる時期になっていた。今年の夏は早かった気がする^^;

かかしは居ない

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

山陰の滝を見る - 山陰の滝一考 - 

私も山陰の滝を50以上紹介してきたが、未整備の滝が余りにも多い事が非常に残念に感じている。
行政は動かず、地元の有志の人達が開拓し整備してくれた滝は、幸せである。
滝はやはりマイナースポットなのだろうか。

◎幸せな滝といえば、

・「なならの滝」。 →第54選 参照


・「不老の滝」。  →第52選 参照
          

◎近場で残念な滝といえば、

・見えてるのに登れない滝とか、鳥取県江府町の白馬の滝
 
 強行突入したが、途中で膝を痛め引き返した。治るのに半年かかった(^_^; 写真中央上部に滝が見える。

・見えてるのに降りれない滝とか、鳥取県日南町のおおきり
  どうしても降りたかったので、takesanさんにも協力を願ったが、takesanさんでさえ苦笑するのみであった(^_^;


これらの滝は、見えてるのに近づけない指くわえ滝で(笑)、撮れないので山陰の滝百選にも未掲載である。

ちょっと整備さえすれば、誰でも見に行ける滝が沢山ある。
そんな滝達が、それなりの覚悟と体力のある人だけにしか、見れないなんて、もったいない限りだ。

と言いつつも、滝は神聖視されている所も多く、それなりの敬意を持って眺めてもらいたいとも思うし、
よく整備された滝で目につくゴミの事を思うと、分かってる人だけに見てもらいたいとも思え、
中々複雑な気持ちではある。

※ 余談ではあるが・・・
  この度、思わぬ怪我をしてしまったのだが、友人から滝は流れる物で、滝ばかり撮ってるから
  カメラを持つ利き腕の指を怪我したかもしれない、気をつけた方がいいと言われ、お祓いもした方
  がいいと、私をビビらせてくれた(^_^;   一人ならまだしも、別々に二人から言われた・・・
  そんな話しは、初めて聞いたし、風水的には、滝は縁起の良い物とされているし、半信半疑
  なのだが、ちょっと不安に陥っている。

山陰写進化狂会見聞録 - 拝啓 ヲアニー怪長 - 

まっすぐ

ヲアニーさんが、復帰されそうなので、前々から作って眠らしていた記事をエールも込めて、UPします^^


ふとした事で、調べてみたら怪長と「初めまして」と、お知り合いになってから今年で丸2年が経っていました。

トントン拍子で親しくして頂き、オフ会やって、山陰写進化狂会を立ち上げ^^、狂会員を増やし^^;、
2年程度で止めようと始めたブログも、止められなくなってしまいました。
怪長という重責は大変でしょうが、今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>

ヲアニー怪長は、このタケノコのように真っ直ぐな性格で、曲がった事が嫌いな方です(^^) 後光も射してます。

ヲアニーさんと知り合えてよかった、ううっ・・・・・・・・・・・・感動・感動、また感動・・・・・







・・・・と言うか、ヲアニー怪長に、つっこみのコメント書くのが生き甲斐になってます(爆)
   一言書いてから寝ないと、気分良く眠れません(爆)(爆)
   これからも、つっこみ甲斐のある記事を沢山書いて下さい(爆)(爆)(爆)


                                                この物語はフィクションです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。