山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

線路を走る - JR 境線 鬼太郎駅(境港駅) - 






 JR 境線の終着駅である「境港駅(鬼太郎駅)」である。山陰地方初の鉄道として開業した駅でもある。
     ・1902年 開設 1日平均乗車人数 373人

駅周辺もまさに妖怪一色で、土産物も妖怪ばかり、ここまで徹底すれば観光客も来るだろうなと納得してしまった。水木しげるロードのスタート地点でもあり、この駅周辺だけは人が多い^^
しかし、境港駅は境港灯台をイメージした駅舎となっていて、今となっては、なんとなく違和感が(^^ゞ
後ろに建っている「みなとさかい交流館」に、完全に貫禄負けしてるし。
ちなみに、妖怪駅の看板の絵は、「妖怪画談」(岩波新書238)の絵が使われている。何故か家にある(笑)

車止め



                    
  
山陰鉄道発祥の地の記念碑。馬場崎町駅の側に有る。

Img6977.jpg
県道の橋が、この駅の屋根になっていて、なんか駅という感じではなく、 ガード下の駐車場のような感じ。
境港駅とは700mしか離れていないため、この駅から境港駅が見える。 2つも駅が必要なのだろうか(^_^;


 「馬場崎町駅(キジムナー駅)」
     ・1987年 開設 1日平均乗車人数 281人
                   
                                                       終点?終点?

今回、JR 境線を巡るポタリングをしてみたが、昔から人々の足として利用されてきた鉄道駅周辺は、
昔からの生活感が漂うローカル度満載の風景で、以外にも (^^ゞ なかなか楽しめた。
これでJR 境線沿いを流れる米川がもう少し大きくて綺麗だったら、言う事なしだったのだが。

水木しげるに押してもらった


                    - 鬼太郎列車で行く妖怪駅巡りの旅(改札口) -


(最後に一応、JR 境線の車両紹介)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

線路を走る - JR 境線 こなきじじい駅(余子駅) - 






今回訪れた駅の中では一番駅らしい駅だった「余子駅(こなきじじい駅)」である。
     ・1932年 開設 1日平均乗車人数 409人

立派な駐輪場もあり、ホームには花が植えてあり、駅の前には桜も咲いていた。
駅のホームに花が植えてあると、なんとなく、のどかさがUPするように感じるのは、私だけだろうか(^^)
ボランティアの人達が花の植栽や駅の清掃をされているらしいが、駅というのは、皆で守っていきたいと
思わせる何かがあるのだろう。


駅のすぐ傍に有る「餘子(あまりこ)神社」。この沿線には神社が沢山あり、神社巡りができそうである。
当時、余子駅開設を記念して、地元の人々が駅からこの神社まで桜を植樹し、花見の名所としてにぎわった
そうだが、桜が枯れてしまったため今ではその景観は見られないそうだ。 ちょっと残念である。
                    




 「上道駅(一反木綿駅)」
     ・1952年 開設 1日平均乗車人数 207人
                    
                                            鬼太郎列車はまだまだ走る・・・つづき

        
                  - 鬼太郎列車で行く妖怪駅巡りの旅(鬼太郎駅) -


thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

自転車から見える景色 - 桜咲く 桜散る - 

咲く桜

散る桜

鉄分取り過ぎで、体調を崩すといけないので違う記事を(^^ゞ
最近、桜の咲く季節になると感じるのだが、至る所で桜を目にするようになり、「桜だなぁ」と、余り感慨深く
感じなくなった。 (ちょっと贅沢か)
私の近所も桜だらけで、こんなに咲いてると、そこら辺の草花と同じに見えてくる。 (ちょっと言い過ぎか)
とは言え、桜の咲く時期は春爛漫で、天気は悪かったが風が心地よく、何処か遠出をしたくなった。    (2008.4)



桜も種類が多いので、散り始める桜もあれば、今が満開の桜もあり、道路の縁は桜の花びらだらけだった。
この時期、桜以外にも色々な花が咲き初め、街がカラフルになってくるのも、いいものである。





見事な桜吹雪だったのだが、青空でなくて残念。縮小画像だとゴミのようにも見えるし(^_^;

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

線路を走る - JR 境線 べとべとさん駅(大篠津駅) - 

(注)サイクルトレインではない(笑)




 今回のお目当て「大篠津駅(べとべとさん駅)」である。
     ・1902年 開設 1日平均乗車人数 4人・・・

昭和10年に建てられた歴史を感じさせるこの駅も、米子空港の滑走路延長区間にあるため、
今年、取り壊される。 建物ごと移設して、そのまま使えばいいのに。もったいない話しである。
回った駅の中では、一番大きな駅舎なのだが、荒れ放題で正に妖怪の棲んでそうな駅だった。
誰も居ないと思って、中に入ると妖怪ではなかったが、鉄ちゃんがお二人いらした(笑)
やはりこの駅が無くなるという事でか、写真を撮ったり、メモを取ったりされていた。さすがである。
                    





          
            「中浜駅(牛鬼駅)」
               ・1952年 開設 1日平均乗車人数 119人

空港の拡張工事に伴い、大篠津駅に変わり、この駅が列車が行き違いできる設備のある駅として整備された。
空港の側なので、飛行機と列車の写真が良さそうと言われ、その気になって行ったのだが、この2つの乗り物が
かさなるなんて、ほとんどなかった(^_^;
                     

Img6882.jpg


 「高松町駅(すねこすり駅)」
     ・1987年 開設 1日平均乗車人数 43人
                   
                                            鬼太郎列車はまだまだ走る・・・つづき


                 - 鬼太郎列車で行く妖怪駅巡りの旅(こなきじじい駅) -


 (大篠津駅の全て)
-- 続きを読む --
thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

線路を走る - JR 境線 あずきあらい駅(弓ヶ浜駅) - 

あずきあらい駅とは書いてないな



さびれた感じがまた良い
 最初に訪れた駅の「弓ヶ浜駅(あずきあらい駅)」である。
     ・1917年 開設 1日平均乗車人数 334人

一応、JR 境線の駅の中では、駅舎がある恵まれた駅である(笑)
それもそのはずで、昔は白ネギや葉タバコを運搬するための貨物列車も止まる重要な駅だったそうだ。
使われなくなった引き込み線が当時を忍ばせる。
                  




 「和田浜駅(つちころび駅)」
     ・1951年 開設 1日平均乗車人数 124人
                      


JR 境線の側には、「弓ヶ浜自転車道」が走っているが、標識が無いので、ルートがいまいち分からない。

          
           「御崎口駅(砂かけばばあ駅)」
               ・1987年 開設 1日平均乗車人数 69人
                              
                                           鬼太郎列車はまだまだ走る・・・つづき


                  - 鬼太郎列車で行く妖怪駅巡りの旅(べとべとさん駅) -      

     
thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

線路を走る - JR 境線 - 





どうも鉄道の駅に興味を持ってしまい、桜見ポタには最高の天気だというのに、花より駅舎になってしまい
JR 境線の妖怪駅巡りに知らないうちに向かっていた(笑)

なんでも、米子空港の拡張のため、昭和初期の古い駅舎が解体されるとの話で、写真に収めてほしいとの
依頼(笑)があったので、その「大篠津駅」をメインに、JR 境線の終点である「境港駅」まで走ってみる事にした。
ちょうど弓ヶ浜の中央を線路が走っているため、中海も日本海も見えないので、景色的にどうだろうと思ったが
線路の周囲には、田園と学校、神社、昔からの住宅地しかないので、のどかな風景を楽しむことができた。



線路周辺には神社が多く、神社には大抵、桜が植えてあるので、花見も出来た(^^)
しかし、JR 境線の各妖怪駅は、全部無人駅で、中には建物すらない屋根だけの駅が結構有るのには驚いた(笑)
その上、線路の踏切には遮断機が無い所が沢山あるではないか。やっぱり、ローカル線はのどかで良い。





ローカル線を存分満喫し、再び出発点の水鳥公園に戻り、帰路についた。
走行距離37kmと、しばらくぶりの遠乗りだったので、ちと堪えた(^_^;                     (2008.4)


                                   妖怪駅巡りへとつづく・・・鉄分過剰摂取に注意!(笑)


                 - 鬼太郎列車で行く妖怪駅巡りの旅(あずきあらい駅) -

thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

山陰の滝を見る - 雲井滝 (冬) - 



          

ついに「山陰の滝 百選」も、折り返しの50番目となった。
節目の50選目は、島根県で一番大きな滝である島根県出雲市所原に在る「雲井(うい)滝」にした。

しかし、島根県一の滝が、この雲井滝である事を、全国で、いや地元でも、いったい何人の人が
知っているのだろう(^_^;  かくゆう私も、今まで側まで行っていながら、気づかずに通り過ぎていた(笑)
島根県の滝でお世話になっているGussanさんのHPを見て初めて知った。
3段に分かれているが、3段合計120mの大滝である。しかし、中段・下段は藪の中で全く見えない。
水量はそれほど多くはないが、上段だけで、80m有るので見ごたえはある。
教養有る私は、思わず「ウイ」と叫んでしまった(爆)



          

これほどの滝なのに、道路に滝の案内板が一つとしてない。島根県は、自然を売りにしているのに
滝については本当に無神経である。 鳥取県の方がまだましである。
滝見台も遊歩道も荒れ放題で、もっと整備して、滝の全景を見れるようにすれば素晴らしい滝に変身する
だろうに残念である。  私も、もっと近くで見てみたい。
余談だが、ISOを400のままで撮っていた・・・
道理でスローシャッターが切れないと思った(^_^; オーマイガッ!(爆)


◎ 雲井滝 (第50選)
   名瀑度  ・・・・★★★★
   滝見道難度・・・★★★(崩れている所もあるため、結構危険)
   落差   ・・・・・120m (3段合計)

 ・島根県出雲市所原 ……
  24号線から54号線を走り、稗原方面の51号線に右折する。
  立久恵方面の184号線に入り、宇比多伎トンネル手前に朝山森林公園への入り口がある。
  公園内の駐車場に車を停め、朝山神社内から滝への遊歩道がある。
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

山陰写進化狂会見聞録 - 三朝町遠征始末記 - 





takesanさんがどうしても飲みたいと言うので入った、石臼コーヒーの店
自分で飲むコーヒー豆を自分で石臼で挽かせてくれる。
全員撮るのに夢中で、石臼を回さないので、いつになってもコーヒーが飲めなかった(笑)
石臼で挽くので、豆が細かくなり苦味が出るが、それが後にひかない不思議な味だった。
苦かったら、あずきのあんを入れるそうである(^^)

今回、怪長不在の総会だったが、もっと山陰写進化狂会の名を世に広めるためにもフォトコンにも応募
しようという事で全会一致した(爆) 是非、怪長の責任として先陣を切ってもらいたいものなのだが^^

倉吉市は、何故かトイレに力を入れている市で、色々なトイレがあるらしい ^_^;
白壁土蔵群の側に有ったトイレ。板の間に座ってくつろげる。

トイレ写真

山陰の滝を見る - 向滝 (冬) - 





鳥取県東伯郡三朝町下古屋に在る「向(むこう)滝」である。

三朝町の滝の中で、一番見たかったのが、この向滝だった。
以前、写真で見た向滝は、自然が創りだした造形美でなんとも言い難い、いい形をしていたのだが、
今回、この滝も雪解け水のためか、凄い水量で正面から見る事も出来ず、荒々しい姿でちょっと残念だった。
写真も雨のため足場が悪く、一ヵ所でしか撮れなかったので似たような写真しか撮れなかった。
皆で傘を差し合い、懸命に撮ったのに残念である。 夏までにリベンジに行かなくてはなるまい。

向滝のすぐ横に、40mはゆうに越える落差の滝らしき流れがあったが、雪解け時にしか見られない
幻の滝なのだろうか。  こちらの方が、インパクトが有ったかもしれない(^_^;


◎ 向滝 (第49選)
   名瀑度  ・・・・★★★(今回は)
   滝見道難度・・・★★(道路から坂を下って5分)
   落差   ・・・・・10m

 ・鳥取県東伯郡三朝町下古屋 加谷川 ……
  181号線から江府町方面の482号線を走る。
  三朝町方面の案内板に従い482号線を走り、人形峠方面の179号線に入る。
  向滝トンネルの手前右側の脇道に入ると、カーブミラーがあるが、その横に遊歩道がある。
  遊歩道を下り、5分で滝下に到着する。

thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

山陰の滝を見る - 福山不動滝 (冬) - 

      

      

鳥取県東伯郡三朝町福山に在る「福山不動滝」である。

またしても、山陰写進化狂会の定期総会は、滝撮りとなった。私に場所決めをさせるから悪いのである(笑)
鳥取県三朝町近辺にもいい滝が幾つもあり、行ってみたかったので、三朝町に決めさせてもらった。
所が、雨や風で撮影は困難を極め、その上、雪解け水のためか、物凄い水量で怒涛の如く流れていたので
ちょっと、テンション下がり気味だった(^_^; もっと柔らかな流れを期待していたのだが。

この滝には遊歩道が二つあり、一つは上段の流れを上から(初心者コース)、一つは下段の流れを
正面から(上級者コース)見る事が出来る。
今回は、怪長が参加できなかったのだが、上級者コースは凄い急斜面で、ロープなしでは降りられない
ような所で、怪長が一緒に降りられたかは疑問である(^_^;


◎ 福山不動滝 (第48選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★★★(急斜面、鎖場有り)
   落差   ・・・・・15m(下段) 上段も有り、上段は18m

 ・鳥取県東伯郡三朝町福山 福本川支流 ……
  181号線から江府町方面の482号線を走る。
  三朝町方面の案内板に従い482号線を走っていると、不動滝の案内板があるので
  左折して38号線を2kmほど走ると、展望駐車場がある。
  
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。