山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

線路を走る - 一畑電鉄 輪行 編 (出雲大社前駅) - 





一畑電鉄の終点「出雲大社前駅」は、国の登録文化財にも指定されているモダン建築物である。
ステンドグラスの光が、ベンチに差し込んでたら綺麗だろうなと、狙って行ったのだが、期待通りだった(^^)
しかしこの駅、このステンドグラス以外に見るべきものが無い(爆)
鉄ちゃんなら、何か珍しい物でも発見できたかもしれないが(^_^;

一日フリー乗車券。自転車持ち込み料も込みなので、なかなか便利でお得だった。

 


今回、輪行で駅巡りをしてみたのだが、個性ある駅を見て回るのも面白いものだ。
他にも近くにこんな個性的な駅がないものだろうか。 ナツボウさん、情報を下さい(^^) 他力本願・・・

スポンサーサイト
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 15 | edit

線路を走る - 一畑電鉄 輪行 編 (旧JR大社駅) - 

廃線跡



旧JR大社駅には、当時の駅の構内やホームがそのまま保存され、見学できるようになっている。
国の重要文化財にも指定されているそうだが、それほど、当時の姿のままの駅が全国的には少ないということか。
駅の外見は江戸時代後期で、構内は明治時代、SLは昭和と、時代がごちゃ混ぜという感じだった。
だが、構内には誰もいなく、タイムスリップしたような感覚になり面白かった^^
綺麗に花が活けてあるのも印象的だった。

 大社駅正面

 中に見えるのは人形である

D51機関車が展示されているが、錆びだらけである。ナツボウさん達のような鉄ちゃんの有志に
レストアしてほしいものである(笑)

ナツボウさん、僕を綺麗にして!

-- 続きを読む --
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 18 | edit

線路を走る - 一畑電鉄 輪行 編 - 

車内の斜光

窓越しだと、ソフトフィルターが掛かったようになる

空一面の青空の絶好のポタリング日和だったので、かねてからやってみたかった、一畑電鉄での輪行を
体験してみることにした。
有人駅で、フリー乗車券を買って、適当な無人駅から自転車で乗りこみ、出雲大社まで行ってみたが、
(一畑電鉄は大半が無人駅である)各駅の停車時間が短いのであっという間に出雲大社に到着してしまう。
車で行くより早いのではないかとさえ思えた。
出雲大社(駅から3分)を通り、稲佐の浜(渚100選)の海岸を眺めて、再び電車で帰路についた。
自転車で走ってると時間をつぶせるので、1時間に1本の待ち時間も苦にならない(笑)
たしかに電車と自転車は相性が良さそうである。                                  (2008.3)

出雲大社

稲佐の浜

電車の車内や駅の構内に差し込む斜光は、なんか和む光である。(新発見^^)

構内の斜光

-- 続きを読む --
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

山陰の滝を見る - 山中大滝 (冬) - 





出雲市佐田町宮内山中に在る「山中大滝」である。
気候も良くなってきて、晴れたら自転車、曇ったら滝、雨なら記事編集(笑)と、毎週を有意義に過ごせる季節が
やっとで到来した(^^) この日は、曇ったので、初見の滝を探しに行くことにした。
この滝に関しての案内板は全くない。滝の近くに住んでいる、ごく地元の人にしか存在すら知られていない様子で、
探すのに苦労した。



          

なんで、こんな雰囲気のある滝が全く無名で知られていないのか、私としては不思議でならない・・・
滝壺の足場が悪いのが、玉にキズである。 地盤が弱く、ズブズブと沈んでくる。あぶなかった(^_^;
この滝も、モノクロにしてみた。




◎ 山中大滝 (第47選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(道なき道を歩いて5分)
   落差   ・・・・・10m

 ・島根町出雲市佐田町山中 浅原川支流 ……
  東出雲町から53号線を通り、24号線を走り大東町を抜け、三刀屋から54号線に入る。
  54号線の右手に龍頭ヶ滝の案内板も有る39号線に入る。
  菅原トンネルを抜け、萩尾橋から橋下に行ける道があるので降りる。
  後は、続き・・・を、参照。
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

山陰の滝を見る - 吐玉の滝 (冬) - 





出雲市佐田町反辺に在る「吐玉(とぎょく)の滝」である。
佐田町には、確認しているだけで10m以上の滝が4本もある滝の多い地域である。
その中でも、吐玉の滝は手軽に行ける滝の中で、一番大きな滝のためか、よく整備されている。
案内板、遊歩道、滝見台と、一通り設置してある。(しかし、最近になってようやく整備されたらしい)
ただし、滝壺手前のコンクリートの堰堤はいただけない。



この滝の水量はいつも多いようで、向い風なので飛沫が凄い。撮影にはタオルが必要。
正面に太陽が来るので、逆光となるので、撮影は午後の太陽が山影に隠れる時間帯が良さそうである。
日の光は当たっているので、色温度の関係で、水が青っぽく写る。






滝のモノクロ写真もいいものだと気づいたのだが、モノクロに合った構図というのも、結構難しいと、気づかされた(^_^;
普通に撮ったカラー画像をモノクロにしただけでは、さまにならない。
モノクロ用として、別撮りしないといけない。その場でモノクロモードにもできるD80が・・・




◎ 吐玉の滝 (第46選)
   名瀑度  ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(ほぼ平坦な道を、渓流見ながら歩いて10分)
   落差   ・・・・・15m

 ・島根町出雲市佐田町反辺 反辺谷川 ……
  東出雲町から53号線を通り、24号線を走り大東町を抜け、三刀屋から54号線に入る。
  54号線の右手に龍頭ヶ滝の案内板も有る39号線に入る。
  走っていると、橋波方面の標識が見えてくるので、この185号線に曲がる。
  山道で道が狭くなるが、走っていると、吐玉の滝の案内板と駐車場が見えてくる。
  その駐車場から400m歩くと滝に到着する。

-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 17 | edit

古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 3月 その2 - 

      春を覗いてみる

      春を待つ田んぼ

月も3月に変わり、少しずつではあるが春の息吹が感じられるようになってきた。
田植えを待つ田畑や水路も、春が待ち遠しそうである。   しかし、風はまだ冷たい。 
この日も、予報どおり夕方からは雨が降りだした。 春はまだ遠い・・・                     (2008.3)

      

      エアアクティブ(Man)

今回は、おニューのサドルで走ってみたのだが、このスポーツアラーのサドルはなかなかいいではないか(^^)
骨盤にフィットする感じで、長距離でも問題なさそうだった。このスポーツアラーのジェル入りが欲しくなった(^_^;
本革製のグリップも握りやすく、手にしっくりくる。肌触りがなんとも(笑)

      大根

      

田んぼの野焼きの火を見てるだけでも、ほっとした気分になるから不思議である。
誰もいなく、ほったらかしだったので、焚き火を見ながらしばし休息。

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 3月 その1 - 

      造山(つくりやま)古墳の上から

      連なる山々 鉄塔が邪魔だった

やっとで晴れた、ついに晴れた(^^) 今年は随分待たせられたものだ。
薄曇りではあるが、眺めが良い所はないかと考え、王陵の丘に大山を見に行くことにした。 
たしかにここは、眺めが良い。 山陰が山に囲まれているのがよく分かる。
今は梅しか咲いていないが、この桜が満開になったら大山をバックにさぞかし綺麗だろう。
今年の桜は、ここで決まりそうである。                                        (2008.3)

      

      

もう一つの大山スポット、塩津山(しおつやま)古墳公園からの大山。
ここは、自動車道の上に有るという、ちょっと変わった古墳で、車が下をビュンビュン走るので、
余り落ち着けない(^_^;

      今は梅だけ

王陵の丘は、椿・梅・桜・ツツジと、花木には事欠かない花の丘である。


                      古墳を走る - 古代出雲王陵の丘 3月 その2 -

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 17 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。