山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 矢入大滝 2 (冬) - 



          

矢入大滝への入り口の傍に民家があるのだが、私が行った時、丁度10歳ぐらいの男の子が一人
遊んでいて、私が車から降りると、寄ってきて危ないから案内してあげると(苦笑^^)両手に石を持って
ついて来てくれた。 (石はイノシシなどの撃退用だそうで、ちょっと前イノシシが出たらしい^^)

昔はもっと水量があったとか倒木が増えたのだとか、子供とは思えない説明までしてくれた。
感心したのは、倒木を拾っては道脇に捨てて、歩きやすいようにしていたことで
なんて立派な心掛けを持った子供なんだと嬉しかった。 写真撮ってやればよかったな(^^)子供。

案内板が不親切な割には随分立派な滝見台がある。 便所まであるが、ちょっと使うのをためらう状態だった(^^;
立派だ・・・

滝見台からの矢入大滝の全景。滝の形は良い。   枝ばかりの時期の全景は縮小すると見にくい・・・
          なかなか

しかし、こんな滝がひっそり存在しているなんて、島根県て広い^^ (人が少ないだけか・・・)

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 12 | edit

山陰の滝を見る - 矢入大滝 1 (冬) - 

          



今年の冬はどう考えても、異常である。
まさか真冬に吉田村の山奥まで滝見に行けるとは思わなかった。
その上、この「矢入大滝(やにゅうおおたき)」の周辺にも、雪が殆ど無く、寒くも無い(^^;

知られてない滝にしては規模が大きくて(落差30m以上だろう)感心したのだが、
水量がちょっと少なく冬は減点されそうだ。 春が良さそうである。

しかしこの滝、Shin-raさんのHPで初めて知ったのだが、それもそのはずで、道路に全く案内が無く、
現地に到着するまでの道程が複雑で道が小さすぎである。
この滝の存在を知っていて、ある程度位置を把握してないと、いきなりこの場所に行くのは困難だろう。
(Shin-raさんのHPの地図のおかげである)

          



30m以上から流れ落ちる水を間近に見るとわりと迫力がある。
不思議なことに、水しぶきが勢いよく飛んでいる写真をジィーと見てると、リラックスしてくる。(私だけか^^;)


◎ 矢入大滝 (第19選) 〔島根の名水百選(ふるさとの滝) No.39〕
   名瀑度   ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(平坦な道を、歩いて10分)
   落差    ・・・・・30m

 ・雲南市吉田町曽木 深野川支流 矢入川 ……
  R432を仁多町三成まで南下、道路標識を見てR51に折れ、すぐR269に入る。
  2つの吉田方面の標識に、順次従って移動後、曽木方面の標識に進む。
  集落の中で不安になるが、そのまま進むと矢入大滝の小さな看板有り。
  狭い道を進み堰堤の傍に車を停めて、遊歩道を300m位歩く。

thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

山陰の滝を見る - 蹄の滝 (女滝) (秋) - 

          



「蹄の滝」には男滝と女滝があり、こちらは女滝である。
男滝自体も小さい滝だが、女滝はさらに小さいため、特にコメントは無い(^^; (落差2mぐらいか)

この「蹄の滝」の周囲はせせらぎ公園となっている。 とは言っても駐車場があるだけのようだが、
滝に行くまでの道は整備されている。(駐車場から滝までは約400m)

この公園は宝くじの助成金で整備されたと看板に書いてあったが、こんな滝の整備に使われるのなら
私も宝くじに貢献しようかと思った(^^)
生まれてこの方、宝くじは買ったことが無いので、ビギナーズラックがあるかも(笑)
でも当たってしまうと貢献したことにならないか、ウ?ム、ジレンマが・・・(^^;

それよりも鹿之助の財宝(前回 蹄の滝 男滝の案内板参照)でも探そうか。 財宝探しは男のロマンである^^
ん、そう言えば、本気で狙ってる人がいたな・・・^^;

しかしここの渓流は苔が良い感じで、歩いてて和む。  ここの渓流は、こんな感じ。



◎ 蹄の滝(女滝) (第18選)
   名瀑度   ・・・・★
   滝見道難度・・・★★(平坦な道を渓流を見ながら、10分)
   落差    ・・・・・2m

-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

山陰の滝を見る - 蹄の滝 (男滝) (秋) - 





島根県安来市広瀬町に在る道路地図に載ってない「蹄(ひづめ)の滝」である。

広瀬町の奥の方にある滝だが、広瀬町といえば尼子氏のなので^^、この滝にも山中鹿之助伝説がある。
なんでも鹿之助が滝の上から滝壷に、馬に乗ったまま飛び降りて、滝底に馬の蹄の跡が付いた為、
蹄の滝と呼ばれるようになったらしい。
滝底を覗いて見たがどこにも蹄の跡は見当たらなかった(^^;
長い月日が経った為、侵食されたと言う事にしておこう(^^) 夢が無くなるから(笑)



小さな滝なのだが、これぞ日本の滝という感じで、趣きがあり私は好きである。
侘び寂び という感じ^^ お茶を点てて飲みたくなるような、気分になる。

          




◎ 蹄の滝(男滝) (第17選)
   名瀑度   ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(平坦な道を渓流を見ながら、10分)
   落差    ・・・・・5m

 ・安来市広瀬町上山佐 ……
  R45を通り足立美術館を過ぎ、山佐ダム方面へ、走っていると「ようこそせせらぎ公園へ」
  の看板があるので、すぐ分る。

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 1 | comment: 14 | edit

ダムを走る - 賀祥ダム(緑水湖) その2 - 

緑水湖

賀祥ダムのダム湖である「緑水湖」には田舎のダムにしては珍しく色々な施設が完備されている。
謎だった(笑)石碑群の正体も判ったので、改めて紹介しておこう。

ミステリーハウス^^   傾けて撮ったわけではなく、建物がこの角度に傾いている。
入ると平衡感覚が失われ、壁に激突する(笑) 頭がくらくらするのでやめてほしい。 
1・2・3 押さえました!

ミステリータワー(^^;  担当者はよほどミステリー好きだったのか、その他にミステリーステップというのもある。
一度入れば十分だろう、利用者は少なめである(笑)
地震で傾いたかと思った

その他に、いつ開店しているのか分らない無人のバーベキューレストランとかもある。
(ネコしか居ないので、ちょっと不気味^^;)
緑水湖一周は6.4km程度しかないが、山の中をちょこっと走りたいと突然思い付いた時などは、
手頃なポタリングコースである。

キャンプ場はオートキャンプにも使えるらしいので、車で気軽に行ける。
なかなかきれいにしてある

誰の歌なんだろうと、長年の疑問だった何十個もの石碑は実は町内の俳句や短歌の同好会の方々の
ものだと言う事が判明した(^^;  どうりで知らない名前ばかりだと思った。
あんな立派な石碑が一生残るなんて、ちょっと羨ましかった(別に俳句をする訳ではないが) 
この石碑、沢山あるなとは思ったが、100個以上あるそうである。
達筆すぎて読めない(^^;


                   ダムを走る - 賀祥ダム(緑水湖) その1 -

-- 続きを読む --
thread: 自転車 | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

山陰の滝を見る - 龍頭ヶ滝 (雌滝) (秋) - 





龍頭ヶ滝の雌滝の方である。
この龍頭ヶ滝も100選に選ばれているからか、遊歩道や休憩所は綺麗に整備されている。(=金掛けてる)
しかし、ここにもクマに注意の看板がある(駐車場から滝までは300m位)

雄滝もすばらしいが、雌滝もなかなか絵になる滝だと思う。
落ち着ける滝で、水のせせらぎを聞きながら、缶コーヒー片手にしばしボーとしていた。


◎ 龍頭ヶ滝(雌滝) (第16選)
   名瀑度   ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(良い道を、歩いて10分)
   落差    ・・・・・15m

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

山陰の滝を見る - 龍頭ヶ滝 (雄滝) (秋) - 





八重滝と共に日本の滝100選に選ばれている(2つで1つの100選)島根県掛合町に在る「龍頭ヶ滝」である。

この龍頭ヶ滝(雄滝)は規模も大きく、流れの姿も素晴らしい、初めて見た時はオーと、うなってしまった(^^)
雄滝と雌滝があるが、2つともいい滝でここだけで100選に選ばれてもおかしくないと思う。
雲見の滝と共に、私的には満点である。 素晴らしい^^

雄滝は滝の後が岩窟になっていて、裏から滝を見れるいわゆる裏見の滝となっているが、
私が行った時は風が舞っていて、飛沫で服が濡れそうだったので行くのを止めた。 
夏に行く事にしよう。 でも人が多いだろうな・・・
それにしても、やっぱり滝はこのぐらいの大きさ(落差40m)の方が見応えがある。


◎ 龍頭ヶ滝(雄滝) (第15選) 〔島根の名水百選(ふるさとの滝) No.40〕〔日本の滝100選〕
   名瀑度   ・・・・★★★★★
   滝見道難度・・・★★(良い道を、歩いて10分)
   落差    ・・・・・40m

 ・雲南市掛合町松笠 滝谷川 ……
  R24で大東町を通り三刀屋町でR54に入る。走っていると龍頭ヶ滝の案内板があるので
  そこからR39に入って、後は案内板に従って2つルートが書いてあるが山添の方の道を進む。
  狭い道だが、迷わずに行けるだろう。


thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 11 | edit

山陰の滝を見る - 玉峰ノ滝 (雄滝) -2 (冬) - 



          

この雄滝は、なかなか彩り(いろどり)が豊な滝だ。
今の所、近場でこんなに透き通ったグリーンの滝はここだけだ。
その上、今回は滝が真青に写ったので、益々彩りが鮮やかになった(^^)

なんで青く写るのか、未だによく分らないが(^^; 青空が関係あるように思える。(太陽の角度もか?)
快晴の日の日陰部分と、条件が揃ったため(と思われるが)、淡く青く光る滝って幻想的で綺麗だ^^

肉眼で見ると普通の水の色のままなので、カメラを通してでしか見る事が出来ないが、
実際でもこんなふうに滝が見えたなら、さぞかし滝も素敵に見えるだろう。


          



 しかし、今年(2007)の冬は暖冬である。3月までは滝撮りに行けないと思っていたが、
 山陰で1月にまさかこんなに天気が良く、暖かい日があるとは思わなかった。
 ただし、雌滝の方は、山の上の方で幾重もの鉄製の長い階段を登らなくてはならず、
 雪が凍りつき、鉄板がつるつるで、滑って落ちたら死にそうだったので行くのを止めた(^^;

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

山陰の滝を見る - 玉峰ノ滝 (雄滝) -1 (冬) - 



          
         
たまにはタイムリーな記事もどうぞ^^ (と言ってもこれも1ヶ月近く前だが^^;)

「砂の器」で有名な亀嵩の近く、玉峰山森林公園の中に在る「玉峰ノ滝(雄滝)」である。
こんな所に滝があるなんて知らなかったし、道路沿いに滝の看板など一切無い。
玉峰山登山口の大きな看板が有るだけで、ちょっと宣伝不足の感がある。
駐車場から徒歩5分と書いてあるが、ちょっとした登り道を100m位か。滝見台がある。

細長く、それほど大きくない滝だが、滝壷が末広がりになってたり全体の形にまとまりがある。
周囲の岩の苔具合がなんともいえない(^^) 苔フェチである(笑)

          


◎ 玉峰ノ滝(雄滝) (第14選) 〔島根の名水百選(ふるさとの滝) No.36〕
   名瀑度   ・・・・★★★
   滝見道難度・・・★★(坂道だが、歩いて5分)
   落差    ・・・・12m

 ・奥出雲町亀嵩 玉峰山 ……
  R432を通って布部ダム方面へ、砂の器記念碑を過ぎ玉峰山登山道入口の案内板を曲がって
  山を登って行くと上の写真の案内板がある。駐車場はその上にある。

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 14 | edit

湖沼を走る - 水辺八景 (夏の空港なぎさ公園) - 

なんにもない

プロペラ機

※前回は色々貴重な意見をありがとうございました。
 季節と合っていない写真の言い訳として書いたんですが、取り越し苦労でした。
 やっぱり自分のやりたい様にやるのが一番だと結論しましたので、
 今、山陰は大雪ですが、去年の10月の和やかな初秋の記事をどうぞ(笑)


宍道湖水辺八景の3ヶ所目は出雲空港の近くにある「なぎさ公園」である。

ここは駐車場とベンチがあるだけで、がらんとしているが自分は返ってこの何もない空間が気に入ってしまった。
しかしこのなぎさ公園、道路に標識がないので探すのに苦労した。(まさに穴場である)
この公園から少し離れた出雲空港の中にも「出雲空港公園」があり、2つ併せて水辺八景なんじゃないかと思う。
出雲空港公園では、家族連れが釣りやしじみ取りをしていた。

出雲空港の滑走路に沿って道が続いていたので、走っていると飛行機の離陸と着陸が真下で見れた!
なかなか迫力があり、飛行機が着陸してくる時はパイロットと目が合いそうだった。(本当です)

松江市側の対岸側から眺める宍道湖もいつもと違う視点で、新鮮味があるし湖沿いをのんびり走れて、
なかなか良い。    この2つの公園を自転車で回ると往復18kmぐらいになる。

出雲空港周遊道(仮称^^) しじみ取りやゴズ(ハゼ)釣りをしていた。



宍道湖沿いの道の反対側は田園地帯が広がっている、のどかだ 田舎で良かった(^^)          (2006.10)

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 7 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。