山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

大山を走る - あけまの森~大野池 紅葉ポタ - 

       

       赤トンボが見えるだろうか

大山の紅葉は有名らしい(笑) しかし、大勢の観光客がいる所には行く気もしないので、地味な場所で
紅葉の綺麗な所はないかと探していたら、ニュースで大山に初冠雪があったというので、風も無く穏やかなので、
あけまの森を通り、大野池に逆さ大山を見に行く事にした。

間近に大山を見ながら紅葉のパノラマの中を走るのは、なかなかの絶景なのだが、大山は坂道が
多すぎるので、のんびり景色を楽しみながら走れるポイントが少ないのが残念である。 
根性が無いからと言わないでほしい(^^; 折りたたみ自転車では限界がある(言い訳)
                                                                    (2007.11)

       ペットボトルが・・・

       秋の道

大山の南壁にしても北壁にしても、伯耆富士と呼ばれる大山とは姿が全然違う。 別の山を見ているようだ。
それもまた大山の魅力なのだろうか。

       初冠雪


スポンサーサイト
thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

島根の川を走る - 伯太川 - 

     なんの花かは知らない

     (注)鉄っちゃんではない

今日は(自転車に乗った日)風も無く、とても穏やか日なので、朝から出かけてみた。
このところ、午後になると強い風が吹き始めるので、すぐ走れる「伯太川」に行くことにした。
ここは、川沿いに歩行者・自転車専用道が5キロ程度有り、その先も田園道路が続いている。

某地方紙に2キロに渡り花が植えてあると載っていたとの情報を得ていたので(笑) そんな場所有ったっけと、
半信半疑だったので確認したかったこともある。
よくよく走って見てみると、たしかに以前より花が咲いている距離が長くなっていた(^^;
さすがにコスモスも時期を過ぎ、半分以上枯れていたが、こんなに色々な種類の花が植えてあるとは今まで
気付かなかった(爆) 

風も無く、穏やかで花の色も残るこの時期は、本当にのんびりした気分になれ、ポタリングの真骨頂である(^^)
ほとんど人影の無い田園だから、余計にそう感じる。毎回、こんな日なら良いのだが。          (2007.10)

     古いコンクリート橋も多い

     伯太川

道と田園は、こんな感じ。
     


 (鉄写真(^^)
-- 続きを読む --
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 16 | edit

島根の川を走る - 飯梨川 河口 - 

     キラキラと

     飯梨川

島根県安来市随一の斐伊川水系の一級河川、「飯梨川」である。

春先の雨季以外は水量が少なく、川幅一杯に水が流れているのは、田植え前だけで、
いつも上の写真程度しか水が流れていない。 田植えが始まると、この川は砂漠と化す(笑)

しかし、そのためか飯梨川の河口は、砂浜になっていて、潮干狩りも出来るようである。
中海のラムサール条約湿地
の指定地域でもあり、水鳥も多い。
河口沿いも舗装それており、自転車で走れる。 中海、大山、風車と、中々景色も良い(^^)
身近なポタリングコースとして、こんな所が有るのは嬉しいことである。                   (2007.10)

     遠くには、大山と風車

     

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

サイクリングロードを走る - 蒜山高原自転車道 秋編 ススキ - 

      

      大山とススキ

身近で秋を感じさせる物として、私はススキが大好きである。
花でもない地味な植物なのだが、これぞ日本の植物という感じで、情緒がある。

所が最近、外来種のセイタカアワダチソウなる、まったく秋を感じさせない、黄色い草が幅を効かせてきて、
不愉快だったのだが(笑)、今年はススキの勢力が勝っているようだ。
蒜山高原にも、至る所にススキが生えていて、なかなか風流である(^^)

日が傾いて秋の日差しになってくると、ススキの独壇場と言った感じだ。

      

この自転車道には、栗の木、銀杏、白樺など、季節を感じさせる植物も多い。 来年もまた行こう(^^)

      栗が道路に沢山落ちていた

      ♪白樺ぁ?青空ぁ?

サイクリングロードを走る - 蒜山高原自転車道 秋編 - 

      真中の山が大山

      至る所にいるので、轢きそうになる

毎年必ず行かなくてはと思える場所は、そう多くは無いが、この蒜山高原自転車道は、まさにそんなトコロだ。

いつ走っても気持ちいい道である(^^) なるべく晴れた日を選んで行くのだが、今回は大山も見る事ができた。
秋なのか空の青さも一段と濃く、道路上には、虫に、栗に、ヘビの子供(笑)と、秋を感じさせてくれる。

以前、NASUKAさんから蒜山高原自転車道を一周出来ないようでは、自転車乗りではないと
言われていたので(爆) 使命感に燃えていたのだが(笑) 東回りならたしかに、楽しく周れるようだ。
急激な坂道は2ヶ所しかなく、それ以外は、のんびりポタリングできた。
ちょっとショートカットしたが(笑) 見事完走でき、満足である。走行距離30km。             (2007.10)

      蒜山三座

      ペダルのむこうから


  それにしても、いいコースである。 実際に見れば、誰でも走ってみたくなるだろう。
        

        

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。