山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島を走る - 大根島 - 

大根島といえば、この廃船

逆さ自転車(笑)

島根県の中海の真中にボタンでわりと有名な「大根島」が浮いている。

この島も前々から気にはしていたのだが、大した事無いだろうと思い、行かず仕舞いだった。
ところが、どうしてどうして^^ 良い所ではないか。 雰囲気が本土(笑)と何か違う。
平坦な島なので、アッブダウンも余り無く、島の外周を回る道路なら車もほとんど走ってこない。
僅かに汐の臭いのする中、のんびりポタリングできる(^^)
何処をどう走ったのかよく分らなかったが(笑)ぐるっと回っても13km程度と私向きである^^
また行ってみよう。                                                 (2007.6)


大根島と言えばボタンだが、すでに時期外れ(^^;



島の風景。



 ↓大根島あれこれ
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 12 | edit

古墳を走る - 八雲立つ風土記の丘 神社仏閣編 - 

      まさに八雲立つと言う感じ^^ こればっかり ^^;

      天平古道

昔は全国に国分寺が在ったが、多くが再建されず放置された。
この風土記の丘の傍にも、「出雲国分寺」が在ったが、今はただの「出雲国分寺跡」である。

      

      

この国分寺へと続く石畳が発掘され、今はコンクリで舗装され、「天平古道」として現在も使われている。
この一直線に続く道の先に、寺が在るなんて、さぞ壮観だっただろう。
この出雲国分寺跡は、石垣や礎石しかない空間なのだが、何故か歴史を感じ落ち着いた気分になれる。

      

      

こちらは、国宝「神魂(かもす)神社」。
神の魂の神社とは、凄い名前である。国宝にもなるだろう(笑)
現存する最古の大社造建造物のため、国宝に指定されている。
主祭神は、「イザナミ」と「イザナギ」という、神様の中でもメジャーな神様である。(説明は省くが^^;)

その他にも、古い神社としては「真名井神社」「八重垣神社」があるのだが、真名井乃滝が気になって
行くのを省略した(^^;
風土記の丘周辺には、まだまだ見所があるが、今回はここで力尽きた。また、行く事にしよう(^^)   (2007.6)

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 14 | edit

古墳を走る - 八雲立つ風土記の丘 はにわロード編 - 

      お地蔵さん

      花とはにわ馬

風土記の丘事務所と出雲かんべの里とで、レンタサイクルが有るためか、「はにわロード」なる
トレイルコースがパンフに紹介してあるのだが、全長が2kmしかなく(^^; その上、片道だけである。
(往復コースでないうえ、アップダウンが多く、車が結構走ってくる・・・)
ウォーキングには、最適ではあるのだが、サイクリングコースとして造った訳ではないようだ。

 このコースにある休憩所の建物の屋根は、全部かやぶき屋根で、結構お金を掛けている。
 休憩所には、どこも数体のはにわの馬が居る。
 結構、くつろげる

 シダ類も多く生えている。古墳の土地っぽくて良い。
 

 道路沿いには、はにわが点在し、いつも、はにわに見つめられている(笑)
 しかし、いかにもはにわの道っぽくて、良い^^
 

しかし、この「はにわロード」、荒神谷・後谷・大谷と古墳があるのだが、どこが古墳なのかよく分らなかった (^^;

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 1 | comment: 10 | edit

古墳を走る - 八雲立つ風土記の丘 田園編 - 

      風土記の田園 1

      風土記の田園 2

伯耆 古代の丘公園、荒島 王陵の丘、と整備された古墳の周辺を走るのが、楽しい事に味を占めたので、
今度は島根県松江市大庭町にある「八雲立つ風土記の丘」周辺を走ってみた。

ところが、前回までの2ヶ所と比べると、走ってみた印象としては、ちょっと楽しさに欠ける感じがした。
はっきりとした、ウォーキングコースも無く、案内板も分り易いとは言えない。
車も割と通る。大きな市街地の近くにあるためと思われるが、ちょっと残念。                 (2007.6)

割と広い田園が広がっているのだが、鉄塔が横断しているため、田園としての景観が余り良くなかった(^^;
しかし、頭上はまさに八雲立つという感じで爽快だった(^^)

      まさに八雲立つ

しかし、風土記の丘を中心にこの辺りには、古墳・神社・寺・城跡などなど、見所が多すぎである。
一度で紹介しきれないので、今回は目的別に記事を3回に分ける事にした。

                 
                    古墳を走る - 八雲立つ風土記の丘 はにわロード編 -
                    古墳を走る - 八雲立つ風土記の丘 神社仏閣編 -


thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 15 | edit

ダムを走る - 俣野川ダム(猿飛湖) その2 - 



猿飛湖

新緑の頃の山は、綺麗である。
何種類もの木々が群生している俣野川ダム周辺の山々は、花が咲いている分けでもないのに、
とても色とりどりで、緑色といってもこれだけ種類があるのかと、驚かされる。
上の写真も、全て葉っぱの色である。

若竹色、鶯(うぐいす)色、萌黄(もえぎ)、青丹(あおに)、などなど日本には独特の緑色の表現があるが、
それもうなずける。 緑豊な日本に生まれて良かった(笑)
コンデジでは、これだけの緑色を表すのは、無理だろう。 一眼買って良かった(^^)            (2007.5)


 こんな岩が落ちてきたら、避け切れるのだろうか(^^; 怖い・・・  落石防止フェンスもボロボロである。
 安心して走れない(´・ω・`)

 このトンネルも何と無く、怖い・・・  リアルに造りすぎである。
 ISO1600

thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 2 | comment: 14 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。