山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島根の田園を走る - 八雲地区 気温18℃の日差し - 

      

      

      

朝から適温で、12月とは思えないポカポカするような日差しに、
出掛けない訳にはいかない(笑)
今年も残り一ヶ月の貴重な晴天を、のんびり楽しんできた。
毎年、こんな日は普通に有ったが、今年に関しては貴重な一日となる。

日差しが柔らかいだとか、優しいだとか感じるのも、自転車だからだろうか。
一日中、走っていたかったが、昼には黒い雲が覆い始め、退散することに。夕方には雨が降り出した。
最近、天気予報がよく当たる(笑)

                                         ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 13.3km/h
                                                        最高速度 37.1km/h  (2010.12)

      

      

      

D700との相性を見るため、色々手持ちのレンズを持ち出しているが、今回は「Micro Nikkor 55mm F2.8S」を試してみた。
可もなし不可もなしの普通の写り。 APS-Cの時のようなシャープさもない。 
光を捉える量も少なく、思ったよりも暗く写る。 レンズが鏡胴の奥の方に有るのも影響しているだろう。
風景を撮っても、イマイチで、昔のMicro Nikkorレンズは、マクロ撮影にしか向いて無いような印象を持った。

      


・Ai Nikkor 135mm F3.5
・Ai AF Micro Nikkor 55mm F2.8S  + Nikon D700



           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
thread: 季節の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

歴史街道を走る - 青石畳通り - 







島根県松江市美保関町の「青石畳通り」は、街道と言うにはおこがましいが(距離にして百メートル弱か)
中国地方の夢街道としてサイトにも載っている。

雨に濡れると石畳が青く浮かび上がる事から、青石畳通りと呼ばれているらしいが、はっきり言って
疑っていた(笑) 
ところがこの日は快晴で、この通りは丁度日蔭となり、色温度の差から、なんだか青く見える。
写真にすると、それが顕著に出て、まさに青石畳みだった。 光の差し込みが素晴らしい。
通りの周辺は、漁村の風景と相まって、なんだか懐かしい。
灯台目当てで美保関に来たのだが、思わぬ風景に得した気分になる。

冬のため、花が少なく彩りに欠けていたが、私も街道として登録しよう。








まさに、青石畳通り。


・TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO
・TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiⅡ




thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 26 | edit

海岸線を走る - 美保関町 - 

      

      美保関灯台

      灯台の下

私には仇を取らなければならない場所があった。

ここは、数年前、takesanさんが自転車のホイールを忘れて帰り、3日3晩探し回ったが見つからず、
涙に濡れた場所である。 ショックから、レンズを2本買い増しされた(爆)
takesanさんの会社の前を通り過ぎ、「行ってきます」と心で呟く。
待っていろ「美保関灯台駐車場」 必ず倒す(爆)

                                   ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 16.2km/h
                                                  最高速度 45.7km/h  (2010.2)

      

      

美保関町は、時々鳥取県かと思う時があるが、れっきとした島根県の町である(笑)
海岸線沿いは、風が強くて滅多に走らないが、キラキラ光る一面の海を見ながら走るのも、中々良い。
灯台からの眺めも最高で、いつまでもボーと眺めていたくなる。
この美保関の港としての歴史は古く、松江城まで続く道は、「松江美保関往還」と呼ばれている。
この道を、歴史の遺物を探しながら、走るのも良いかもしれない。

      

      

なんでも境港方面から↑の橋を自転車で渡って灯台に行く方がおられるらしいが、まさに妖怪級である(^_^;
橋も、速力をおとせと言っている(笑)


敵討ちの結果は・・・
takesanさん、すいません。ホイール見つかりませんでした(爆) 無念です(爆)


・TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiⅡ

thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 26 | edit

自転車から見える景色 - 105の憂鬱 - 

      

      

           

古いレンズの良いところは、その重厚な作りや、ずっしりとした確かな重量感にある。
自転車でもクラシックモールトンに惹かれたように、クラシックな物が好きなため、Nikonの古いレンズの
いかにもレンズという作りに魅力を感じている。 現代では、真似できない作りだからだ。
このNikkor P Auto 105mm F2.5も、他の中古レンズと同じような時期に手に入れていたのだが、その作りを
眺めるのが良かったので、しばらく使わなかった(笑)

やっとで、持ち出す気になったので(^^ゞ、ちょっと撮ってみることにした。
望遠レンズの良いところは、1枚目のような、圧縮効果が使える事だろう。
結構好きな効果なのだが、TAMRON 90mmでは、それほどでもなく、18-200mmズームでは、
ボケがいまいちで使う気にならなかったが、この105mm(35mm換算で、157.5mm)なら良さそうである。

問題は、重いので(430g)レンズ2本持って出る気がせず、いつも105mm1本勝負になりそうなことか^^;
Nikkor 45mm F2.8P 。 あのパンケーキレンズなら軽くて、105mmと良い相棒になりそうなのだが(爆)

                                   ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 15.3km/h
                                                  最高速度 39.8km/h  (2010.2)

      

      なんでしょう?


・Nikkor P Auto 105mm F2.5

鳥取の川を走る - 日野川本流 その8 - 

      

      

      

寒いので、1時間走っては退却するという、ゲリラ的なポタリングが続いている(^^ゞ
(この時期にポタリングに出掛ける事自体、私としては、物凄い出来事なのだが)
大山が、珍しく綺麗に見えていたので、久し振りに、日野川に行ってみた。

風が冷た過ぎる・・・行きは追い風で、気分良く走っていたが、帰りは向い風で、正に修行である。
なんで、こんな中を、わざわざ自転車で走ってるんだ? と自問自答したくなるが、
日に照らされた雪の大山や日野川の青い流れを見てると、1時間程度なら良いんじゃないかと思ってしまう(笑)

                                   ・・・ (ブルーノ) 本日の平均速度 16.7km/h
                                                  最高速度 32.8km/h  (2010.1)

      

      

寒くて、ISOを変える事まで気が回らず、全部ISO400のままで撮っていたので、右端が、赤味がかっている^^;
この景色の中、暖かかったら、こんなミスはしないし、3時間は楽しめたのだが・・・

      おーい、大山


・ Voigtlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical

thread: 鳥取県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 28 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。