山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰ポタリング倶楽部通信 - 撮影隊占拠! 秋の蒜山走行会 (2010.10) - 


      

      

      

今年も秋の蒜山を走る日がやってきた。
晴れ渡った青空。輝くススキ。まさに蒜山を走るための日のようだ。

が、今年はいつもと少し様子が違っていた。
メンバーを見ると、自転車2割・写真8割の方が半数を占め、自転車イベント未経験者も若干1名^^;
今回の走行会は、完全にカメラ小僧に支配されてしまっていた・・・
その上、今回は自転車道から外れ集落の中を走るコースにしたため、益々被写体が増え、一行に先に進まない
状況となってしまった。
何度、「行くよ~」と催促したことか(^^ゞ 渋々カメラをしまい、着いてくるカメラ小僧達。
朝、集合場所がマラソン全国大会とかちあってしまい、テンヤワンヤしたのも、この予兆だったのだろうか(爆)

しかし、蒜山はやっぱり秋が良いように思える^^
ススキが、ほんとうに綺麗で、光り輝く姿は見ていて飽きない。
風も無く、気持ちの良い秋晴れの中、今回はカメラが主役で良かったかもと密かに思っていた(笑)

                                        ・・・ (BSモールトン) 本日の平均速度 12.3km/h
                                                           最高速度 38.9km/h (2010.10)

      

      

我が倶楽部も、写真人と自転車人の二極に分かれているため、参加メンバーによっては、全く様子の違う走行会に
なってしまうようである(^^ゞ
中立の私としては、どちらでもいいのだが(笑)、どちらも楽しめるコース選択も考えなくてはいけないだろう。
坂を増やすとか距離を伸ばすとかも必要かなぁ。

余談だが、そのため自転車の管理も、パーツピカピカ自分で整備派と、パーツ錆付きほったらかし派に分かれている(爆)
中には、タイヤの空気すら入れていない、チェーンに油を差していない、なども見受けられ、このあたりは改善してほしい^^;
文武両道ならぬ、写自両道といきたい^^

      

      

      


兎にも角にも、いつも思うのは、自転車仲間っていいな と言う事である。
皆さん、今回もありがとうございました。


      

      
                                                                     秋空の下で


・TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700



           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

山陰ポタリング倶楽部通信 - 春の蒜山走行会 (2010.5) 小径車の祭典 - 

      

      

      

私は、密かに感涙にむせていた。
BSモールトン、ジオス、ラレー、タルタルーガ、KHS、リカンベント、MR-4、これだけの自転車が揃うなんて、
ブログを始めた当初は、想像だにしていなかった。
1台から2台、2台から3台へと、人の輪が広がって行き、田舎でもこんな走行会が出来るまでになったんだ(ToT)
しかも、ほとんどの方がデジイチ使いでもあるのだ。
これで、ブロンプトンが有ったら、完璧だったのだが・・・

今回、いつもと違うコースで、「黄金杉」を見に行った。
杉自体は、それほどでもなかったが、ロケーションが素晴らしかった。(上の2枚)
次回からの、お決まりコースになりそうである。

                                        ・・・ (BSモールトン) 本日の平均速度 14.5km/h
                                                           最高速度 45.1km/h (2010.5)

      

難しい被写体に、果敢に挑む、しじみカレーくん。(でも、ブログにはUPしてなかった。何故だ・・・)
私は、この程度^^;

      

      

新たなスポット、「蒜山ワイナリー」。 ただし、試飲は出来ない^^; (出来るようにしてもらいたい)

      

今回、ニューカメラのD300sとZeissのレンズを持って行かなかったら、皆から総攻撃を受けた・・・
控え目な性格なので、目立ってはいけないと思ったのに(爆)
ところが、ニューレンズを見せたいがために、午後から急きょ蒜山に駆け付けた方が居た。 takesanさんである・・・
Zeissの50mmを、どうだと、言わんばかりに見せびらかすtakesanさん。 ご満悦であった(笑)

      
                                                                (kogikogi氏提供)
恒例のカメラの集合写真。
何故か、シグマレンズが人気である(笑) D50が2台も有るし(笑)


(今回の主役)
-- 続きを読む --

山陰ポタリング倶楽部通信 - 走行会不発 座談会&ジムニー撮影会(2010.3) - 

                                                             ※ジムニー記事ではありません^^;

      

      

今年最初の山陰ポタリング倶楽部の走行会を行ったのだが、あいにくの雨模様。
山陰地方での走行会で、一番問題なのは、天気である。 (珍しくnasukaさんが参加するから、という話しもあったが(笑)
仕方がないので、中止にしようと思ったが、気持ちが高ぶっている(笑)新入部員さんもおられたので、
一応、集合とうい事にした。
4名もの方が、雨にもかかわらず、自転車を持って来られていた。(私は、持って行かなかったが(爆)

走れなくても、座談会に花がさき (多分、放っておいたら夕方まで、喋ってるのではないだろうか^^;)、
新入部員さんの新車、もとさんのジオスブルーのミグノン、ケンケンさんの金溶接がかっこいいブロンプトンを拝見し
(雨で写真撮れなかったのは残念)、雨がやんできたので、軽く撮影会という事で、茶畑スポットの「壺瓶山」にも行ってきた。
この後、食事中に尚さん登場というサプライズもあったが、空気を読んでとコンデジ持参だったが、時すでに遅しだった(爆)
次回は、自転車で走りたいものだ^^;

      

      

お気づきだろうが、ジムニーが2台ある(笑) takesanさんの自動車の新車である。
車は買うは、 〇〇〇は買うはと、takesanさんの物欲は、留まる事を知らない(^^ゞ
その新車の中に、全く似合わないピンクのクマさんが乗っていた(^_^; 車の外からも、妙に目立っている。
何か理由があるのだろうが、止めてほしい(爆)  倶楽部に、ジムニー部でも作ろうか(笑)


          



山陰ポタリング倶楽部通信 - 坂ドル誕生 - 

      

      

一面に広がるパノラマ。
「上の台 緑の村」からの眺めは、素晴らしかった。
やはり、ひと際目立つ、大山。 茶畑も、新茶の時期なら、大山といいアクセントになるだろう。
しかし、ここはもはや理性ある人間が自転車で登るような所ではない。

これはやはり、あの方に登ってもらわなければと、私は決心した。
最近、坂に開眼し、全国のヒルクライマーのアイドル的存在(略して坂ドル)になりつつある、nasukaさんにである。
彼女の素質を開花させるためにも、私がバックアップしよう。部長として(爆)
目指せ、絹代さんである(爆)(爆)  ←(知らない人は、「自転車生活」のバックナンバーを見よう。)

おお!!
      

おおおお!!!
      

山陰ポタリング倶楽部では、このnasukaさんと行く、
 「坂ドルnasukaさんと行く、緑の村爆走3.5km、10%なんてへっちゃらよ」 を開催すると共に
参加者を募集します。
nasukaさんと、登りの苦痛を楽しみたいという方は、どしどしご参加下さい。
尚、当日は、nasukaさんのサイン&握手会も予定しています。(参加者には整理券を、お配りします)
途中で力尽きられた方も、私が後から車で伴走しますので、大丈夫です^^(バックアップ!)

平均勾配11%、距離3.5km。 さあ、登ってもらいましょう( ̄ー ̄)ニヤリッ



          
                    「上の台緑の村」 島根県安来市伯太町赤屋


山陰ポタリング倶楽部通信 - 滝見走行会 in 安来市 (2009.10) 蹄の滝で飛沫浴 - 

      

      

安来市の「蹄の滝」は、自転車でも気軽に行ける比較的、民家に近い場所にあるので、
滝見+ポタリングという贅沢な走行会を行ってみた。

滝見をするとなると滝撮影も加わる事が予想され、山陰写進化狂会の怪長であるヲアニーさんにも
ご参加頂いた。 (ようは機材の運搬係である(爆)
機材及び、弁当の運搬、はたまた喫茶店の場所取りと、大車輪のご活躍を賜り、この場において
お礼申し上げます。 ありがとうございました^^
今回、三脚を忘れてしまい(爆) 滝自体を撮らなかったのだが^^; 「蹄の滝」は、こんな感じである。
水量もこの程度だった。                     ↓
                          山陰の滝を見る - 蹄の滝 (男滝) (秋) -

滝見珈琲も体験してもらおうと、takesanさんと私とで、珈琲を淹れてみたが、皆さん滝に興味を持って
もらえただろうか。 人数が多いとピクニック気分になるものだなと気づいた。
距離も往復20kmそこそこで、半分は滝場での撮影となってしまった今回の走行会だったが、
たまには、こんなゆる?い走行会も、我が倶楽部なら良いのではないか(^_^;

                                 ・・・ (BSモールトン) 本日の平均速度 14.5km/h
                                                    最高速度 33.2km/h (2009.10)

      

      

      

天気はそれほど良くなかったが、相変わらずののんびりした地域で、紅葉にはまだ早かったのが心残りだった。
川に錦鯉が泳いでいたのには、ちょっと驚いた(笑)

      

      

今回、初参加となった、"島根県一"の尚さんの Dahon SpeedProTT。
出発前、颯爽と自転車を組み立て、タイヤに空気を入れてたら、バルブが根本から取れてしまうという
アクシデント発生^^;
なんとか取り付け、走ってみたが、再び空気が抜け、一生懸命空気を入れるの図(笑)
"島根県一"なのだが(爆) 尚さん、ジョークですからね(^^ゞ
しかし、これが走行会なのかと、驚かれたに違いない(爆) ( ̄ー ̄)ニヤリッ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。