山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 福山不動滝 (春) - 

      

      

      

鳥取県三朝町の「福山不動滝」は、水量も有り、落差もある良い滝なのだが、滝場に行くまでの道が、結構険しい。
ロープを伝って階段を下りなければならない所もあると説明すると、尻込みしだした二人を励ましつつ^^;
滝場に着くと、おお、と歓声をあげる弱腰二人組(笑)

晴れの滝見で、期待している事が3つある。
色温度の関係で滝が青味を帯びて写る事と、木漏れ日を見れる事、虹に出会える事だ。
どれも、条件が揃わないと見る事は出来ないが、福山不動滝では、虹を見る事が出来た。
日頃の行いの良い者同士で行くと、良い事があるようだ(笑) (怪長は未だに虹を見た事は無い・・・)

      

      

      

ちょうど、倒木の辺りに虹が架かり、雰囲気良かった。滝場で見た虹の中では一番大きかっただろう。
今回、マシンガンさんが、Lレンズを2本も持ってきていたのに、触ろうともしなかった、ぽん太さんが印象的だった(笑)
欲しくなったら、自分を止められなくなるのが、ぽん太さんである。 皆さんも背中を押してあげて下さい(笑)

      


                              山陰の滝を見る - 福山不動滝 (冬) -



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

山陰の滝を見る - 田代の不動滝 (春) - 

      

                  

      

ぽん太さんから、三朝方面の滝見に行きましょうとお誘いがあり行ってきた。
別件で、鳥取県の滝を探していた、マシンガン氏も同行である。
前回、激流と雨で、ろくに撮影出来なかった「福山不動滝」と、まだ未確認の「田代の不動滝」に行く事となった。

最初は、鳥取県東伯郡三朝町田代に在る「田代の不動滝」から。
それほど期待はしていなかったが、うねるように流れる姿は、中々良かった。
物凄い快晴だったが^^; NDフィルターがあれば、なんとかなるものである。
晴れ対策にも、滝見にNDは必須だろう。
しかし、晴れの日は、PL効かせ過ぎるのはよくないようだ。べた?とした感じなのは、PL効かせ過ぎのためである^^;

      

      

      


◎ 田代の不動滝 (第75選)
   名瀑度  ・・・・★★⋆
   滝見道難度・・・★★(道路沿いから林道を200mほど歩く)
   落差   ・・・・・8m 
   苔度   ・・・・・20%

 ・東伯郡三朝町田代 田代川支流 ……
  倉吉市街を横切り、179号線を左折せず、直進し482号線を走り、道路標識を見て、
  116号線に左折する(この道路は、行き止まりの県道)。
  しばらく走っていると、鉄板でできた青い橋が左手に見えてくる。
  ちょうど空きスペースになっているので、車を停め、橋を渡って200mほど、広い林道を歩く。

-- 続きを読む --

山陰の滝を見る - 向滝 (夏) - 

     

     

     

私にはリベンジしたい滝があった。
前回、雪解けの怒涛のごとく流れのせいで、雰囲気丸つぶれ、その上雨まで降り出し、あえなく撤退した
「向滝」である。
             →          山陰の滝を見る - 向滝 (冬) -

私が三朝方面に行きたくなったのは、この滝の個性的な姿と、シルキーな流れの写真を見たからだった。
今回、馬場の滝に来たのだから、この滝にも寄る事にしていた。
天気が余り良すぎると、滝に日が射し、台無しになるのだが、奇跡的に、この滝に来た時だけ雲が出てきた。
どうぞ撮りなさいと、この滝に勧められたようで、一気にシャッターを切らしてもらった^^
苔生した岩壁といい、滝壺の水面の色といい、やはり良い滝である。
怪長でさえ、「良い滝だ」と、感心されていた(笑)

尚、この向滝を正面から撮ろうと思うなら、長靴が必須である。結構深いので、長い長靴が良い。

     

     

特効微粒子を肌に感じ、素晴らしい滝を眺めながら、旨い珈琲を飲む。
やっぱり、滝見は止められない^^   

     


満足気な表情で、自分で淹れた珈琲を飲むtakesanさん。
どうやらストレスも発散出来たようだ(笑)
このひと時のために、自分で車を運転し、30kg近い装備を背負い、甲斐甲斐しく我々に珈琲を淹れてくれる(笑)
全部、お一人でこなしてしまい、こちらも恐縮なのだが(^^ゞ 本人が喜んでいるので、良しとするか(笑)
これに、倉吉方面はカーナビ並に詳しいヲアニーさんと、お二人に任せておけば、私は座っているだけで
いいので楽である(爆) 何時もお世話になります^^

                                                       まだ続く・・・
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

山陰の滝を見る - 馬場の滝 (夏) - 

     

     

     

takesanさんから、ストレスが溜まっているので、何処か撮りに連れて行けと、情無連絡が入った^^;
takesanさんのストレス解消にいつも振り回されている私は、道連れを増やそうと怪長も呼び出した(笑)

今回向かったのは、事前からの情報収集で三朝地区では、一番見栄えが良さそうだった、
鳥取県東伯郡三朝町福吉に在る「馬場の滝」である。

この滝は良い。
どっしりと風格があり、末広がりな安定感ある、素晴らしい滝だった。
見ていて落ち着く。特効微粒子が乱舞し、ゴツゴツした岩肌には圧倒感があり、これぞ滝という感じ^^
今回は水量が少なかったが、怒涛の流れの姿も見てみたくなった。
この滝は、3段の滝らしく、3段目を馬場の滝と呼んでいるようだ。
1・2段目は、何処か分からなかった。

     

     

とにかく全景の雰囲気が良い滝だったので、部分的なカットは、余り撮らなかった。
倉吉・三朝地区も、割と回ったが、私的には、この滝が倉吉・三朝ではNo.1である。
カエルも素晴らしさからか(笑) 滝見をしていたので、撮らせてもらった。

     


◎ 馬場の滝 (第71選)
   名瀑度  ・・・・★★★★
   滝見道難度・・・★★(滝見道を400m弱歩く)
   落差   ・・・・・17m 
   苔度   ・・・・・30%

 ・東伯郡三朝町福吉 福吉川支流 ……
  山陰道経由で、倉吉まで。はわいICで降りて、179号線を走る。
  今泉の信号で左折し、205号線を道なりに走っていると、滝入口の案内板がある。
  そこから400m弱歩くが、道沿いには、しゃくなげも植えてあるそうである。
  
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 2 | comment: 20 | edit

山陰の滝を見る - 向滝 (冬) - 





鳥取県東伯郡三朝町下古屋に在る「向(むこう)滝」である。

三朝町の滝の中で、一番見たかったのが、この向滝だった。
以前、写真で見た向滝は、自然が創りだした造形美でなんとも言い難い、いい形をしていたのだが、
今回、この滝も雪解け水のためか、凄い水量で正面から見る事も出来ず、荒々しい姿でちょっと残念だった。
写真も雨のため足場が悪く、一ヵ所でしか撮れなかったので似たような写真しか撮れなかった。
皆で傘を差し合い、懸命に撮ったのに残念である。 夏までにリベンジに行かなくてはなるまい。

向滝のすぐ横に、40mはゆうに越える落差の滝らしき流れがあったが、雪解け時にしか見られない
幻の滝なのだろうか。  こちらの方が、インパクトが有ったかもしれない(^_^;


◎ 向滝 (第49選)
   名瀑度  ・・・・★★★(今回は)
   滝見道難度・・・★★(道路から坂を下って5分)
   落差   ・・・・・10m

 ・鳥取県東伯郡三朝町下古屋 加谷川 ……
  181号線から江府町方面の482号線を走る。
  三朝町方面の案内板に従い482号線を走り、人形峠方面の179号線に入る。
  向滝トンネルの手前右側の脇道に入ると、カーブミラーがあるが、その横に遊歩道がある。
  遊歩道を下り、5分で滝下に到着する。

thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。