山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰写進化狂会見聞録 - 湯梨浜町遠征始末記 - 

私は何故か、小高い見晴らしの良い場所に立ち尽くしていた。
ぽん太さんは、歩く事も出来ず、放心状態で座り込んでいる。
一体、何が起きたというのだ・・・・

何故かこんな場所に・・・



ヲアニー怪長は、最近トレッキングに凝っている^^;  
少し歩いただけで、トレッキングしたと言い出される始末(爆)

今回の湯梨浜町の定期総会でも、「羽衣石城」を見つけるや、登りたいと言いだされた。
案内板を見ると、城跡まで400mと書いてあり、これぐらいなら良いだろうと、軽い気持ちで承諾したのが
悪夢の始まりだった・・・  



角度の有る傾斜の階段が、延々と続いている・・・ おいおい・・・顔を見合わせる私とぽん太さん^^;

目を疑った・・・

突き進む怪長!!  えっ、嘘だろう・・・ 信じられない・・・ 着いていけない・・・ 結局、おいて行かれた・・・

月と羽衣石城天守閣

息も絶え絶えで、何とか羽衣石城跡にたどり着く。
怪長は、何事も無かったように天守閣の写真を撮っている・・・目の前に居るのは、本当にヲアニーさんなのか・・
先週、中海ライドで疲れた体を癒すための、今回の滝見だったのだが、とんでもない事に^^;
ぽん太さんは、顔面蒼白だった(爆)

でかい!

登山道入り口付近では、野鳥撮影をしておられる方と遭遇した。
何だこのでかい大砲は(笑) 500mm L レンズである。
望遠鏡に動画撮影と、凄い装備だった。 何故かぽん太さんは、笑っていた(笑)


今回の定期総会ほど、ヲアニー怪長の意外な一面を見た事は無い。
本当にトレッキングする怪長! 湯梨浜町周辺に滅法詳しい怪長!  見直した(爆)


スポンサーサイト

山陰写進化狂会見聞録 - 拝啓 ヲアニー怪長 - 

まっすぐ

ヲアニーさんが、復帰されそうなので、前々から作って眠らしていた記事をエールも込めて、UPします^^


ふとした事で、調べてみたら怪長と「初めまして」と、お知り合いになってから今年で丸2年が経っていました。

トントン拍子で親しくして頂き、オフ会やって、山陰写進化狂会を立ち上げ^^、狂会員を増やし^^;、
2年程度で止めようと始めたブログも、止められなくなってしまいました。
怪長という重責は大変でしょうが、今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>

ヲアニー怪長は、このタケノコのように真っ直ぐな性格で、曲がった事が嫌いな方です(^^) 後光も射してます。

ヲアニーさんと知り合えてよかった、ううっ・・・・・・・・・・・・感動・感動、また感動・・・・・







・・・・と言うか、ヲアニー怪長に、つっこみのコメント書くのが生き甲斐になってます(爆)
   一言書いてから寝ないと、気分良く眠れません(爆)(爆)
   これからも、つっこみ甲斐のある記事を沢山書いて下さい(爆)(爆)(爆)


                                                この物語はフィクションです。

山陰写進化狂会見聞録 - 大根島ポタ会 始末記 - 



至高のメニュー

今回のポタ会では、昼食に白ネコさんがラーメンを振舞ってくれた。
ラーメンはインスタントだが(笑)、具材としてネギ、炒めたキャベツとお手製のチャーシューまで準備して頂き
美味しく楽しい昼食となった。
特にチャーシューは、へたなラーメン屋より美味しかった(^^) 流石は自称 海原雄山と言うだけのことはある。
最近、「美味しんぼ」でも和解したらしいが、私も安来の山岡士朗として、認めざる得ない。
ポタリング部 料理部長 決定である。

食後には、白ネコさんのベトナム土産のベトナムコーヒーを、takesanさんのコーヒーセットで頂いた。
私もコーヒーセットを外に出る時は、持ち歩くが、takesanさんほどの珈琲の知識は無い。
大根島の景色を眺めながら、しばし、ほっとする時間を過ごさせてもらった。
ポタリング部 ほっとひと息珈琲部長 決定である。



                         ポタリング部 \(^ ^)/ バンザ?イ
ねぎ坊主も喜んでいる

このお二方と、ポタリング部 部長である私と3人で、これからも山陰写進化狂会を盛り立てていきたいと思う。
ん、もう一人誰かいたような ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 気のせいか^^

山陰写進化狂会見聞録 - 三朝町遠征始末記 - 





takesanさんがどうしても飲みたいと言うので入った、石臼コーヒーの店
自分で飲むコーヒー豆を自分で石臼で挽かせてくれる。
全員撮るのに夢中で、石臼を回さないので、いつになってもコーヒーが飲めなかった(笑)
石臼で挽くので、豆が細かくなり苦味が出るが、それが後にひかない不思議な味だった。
苦かったら、あずきのあんを入れるそうである(^^)

今回、怪長不在の総会だったが、もっと山陰写進化狂会の名を世に広めるためにもフォトコンにも応募
しようという事で全会一致した(爆) 是非、怪長の責任として先陣を切ってもらいたいものなのだが^^

倉吉市は、何故かトイレに力を入れている市で、色々なトイレがあるらしい ^_^;
白壁土蔵群の側に有ったトイレ。板の間に座ってくつろげる。

トイレ写真

山陰写進化狂会見聞録 - 新庄不動滝 (女滝) (夏) を見に行く - 





この「新庄不動滝」は、岡山県新庄村に在り、正確に言うと山陰ではないのだが、鳥取県の県境から
直線距離にして2km程度しか離れてないので、山陰の滝としてカウントさせてもらうことにした。

今回、写進化狂会の定期総会として行ったのだが、怪長の雨男パワーは凄まじく、一日中雨だった・・・
水量の多い滝なのだが、雨でますます水量が増え迫力が有ったが、その雨のため撮影続行が不可能になり、
女滝しか撮影出来なかった。
男滝も見るだけ見てみたが、怒とうの流れと風で水飛沫が舞っていて、雨が降って無くても
撮影出来なかったかもしれない(^^;  良い滝と聞いていたが、噂どおりでまた行かなくてはならないだろう。
女滝中央の苔むした岩が、実に印象深かった(^^)


雨のため屋外での総会が不可能になったので、急遽、とっとり花回廊でマクロの撮影会をすることにした。
余り花を撮らない私としては、植物は晴れの時より雨の時の方が、趣きがあるように感じた。

 紫陽花

 知らない

 知らない

しかし花回廊は一眼デジを持つ写真家ばかりだった。 手ぶらで歩いている方が違和感があるように見える(笑)
怪長、いつもご馳走になり、またマクロも借りっぱなしで、申し訳ありません(^^)
白ネコさん、次回は島根県らしいので、良い場所探しといて下さい(笑)


◎ 新庄不動滝 (女滝) (第39選)
   名瀑度・・・・★★★
   落差 ・・・・・5m

 ・岡山県新庄村滝ノ尻 田浪川 ……
   R181から江尾でR482に入り、蒜山方面でR58に曲がり、野土路トンネルを走った方が早い。
   あとは、案内板に従い走れば到着する。
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 1 | comment: 6 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。