山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

山陰の滝を見る - 岩龍寺の滝 2 (冬) - 

無くなるなんて納得いかないので、もう一度、「岩龍寺の滝」 (・o・)ノ





「岩龍寺の滝」の3段目と4段目である。 1枚目の写真の中央当りまで、水没するようである。
この立っている場所も水没するから、この距離からも、当然見れなくなる。
結構離れた所からじゃないと、滝が見れなくなるようである。



5段目を上から。それにしても、もったいない・・・




下流の渓流。無くなるのか・・・
詳しい事が分らないので、偉そうな事は言えないが、本当に今更ダムが必要なのだろうか。
立ち退きも完了してしまって、止める訳にはいかない なんて理由だったら、許せないのだが。
田中康夫に講演に来てもらうか、市長にでもなってもらおうか(笑)

多分、もう行かないだろうから、最後の見納めだろう。
後で後悔しても、一度壊した自然は、二度と元には戻らないのだが。

この江津市には、他にも良い滝が在るのだが、ちょっと遠い(^^;

                          - 岩龍寺の滝 1 (冬) -

スポンサーサイト
thread: 島根県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

山陰の滝を見る - 岩龍寺の滝 (冬) - 





島根県の江津市に「岩龍寺の滝」という滝が在る。

全長121m、5段の大滝で、全景がこんなにバランスよく綺麗な滝は、島根には他に無いと思う。
(観光HPとかには4段と書かれているが、三宅さんの調査で5段であることが判明したらしい)
ところが、この滝、ダムの建設により4段目の半分より下が水没して無くなってしまうらしい。
これは最後に一度は見ておかなくてはならないと、片道3時間も掛けて見に行ってきた。

全景を撮ろうと思ったら、滝の中央を丁度横切るように、電線が張ってあるではないか。
写真に電線が写ってしまうので、後回しにしてたら、結局撮るのを忘れて帰ってしまった・・・

          

この全景画像はShin-raさんの借り物である(^^; (Shin-raさん、ありがとうございました)
後で聞いたら、電線に邪魔されず撮れるポイントがあったらしい・・・┏(T_T|||)┓
全5段で形成されているが、1,2段は隠れていて、見えているのは3,4,5段のみである。
しかし、偶然とはいうものの、自然の造形美を感じさせる全景である。  素晴らしい・・・ため息



この一番インパクトのある5段目が無くなってしまうとは、水没したらこの滝もただの平凡な滝になってしまうだろう。

          

この渓流も全て、水没する。
人のためとは言え、なんか空しさを覚えた・・・自然は人間の都合のいいように、全て変えられていく・・・


◎ 岩龍寺の滝 (第29選) 〔島根の名水百選(ふるさとの滝) No.32〕
   名瀑度   ・・・・★★★★★
   滝見道難度・・・★★⋆(山道を10分位)
   落差   ・・・・・121m

 ・江津市波積町本郷 都治川 …… 
  江津までの最短ルート→R9バイパスでR24→大東でR157→斐伊川沿いで橋を渡りR26
  →R9に入り合同庁舎前の信号左折して、R277を通り出雲駅で左折しR184をめざす
  →馬木町の橋を渡り簸川南広域農道→R9
  R9走り、浄光寺方面でR32に入り、波積町方面のR177を走っていると案内板がある。
  駐車場は無いので、邪魔にならない所に車を止めさせてもらう。
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。