山陰日和 風だより

山紫水明 自転車に乗って 山陰の小さな原風景巡り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

新・山陰の滝を見る - 蹄の滝 (春) - 









今回は、撮り直しの島根県安来市の「蹄の滝」を。
全てアンダーで撮ってみたが、フルのダイナミックレンジの広さなら
アンダーでもそれなりの雰囲気が出るし、深みが出るだろうか。
怒アンダー派の私としての方向性は決まって来た。

余談だが、今回、蹄の滝の由来となっている、山中鹿之介が馬で飛び降りて付いたという
蹄の跡?を発見した。感無量(笑)









・AF-S VR Nikkor ED24-120mm F3.5-5.6G
・TOKINA AT-X 17 AF PRO 17mm F3.5 Aspherical  + Nikon D700




スポンサーサイト
thread: 滝・渓谷の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 20 | edit

山陰の滝を見る - 鷹入の滝 (冬) - 

      三の滝

      

      三の滝

まだ寒い2月だというのに、山陰写進化狂会の定期総会を行う事となった。

どうやら、怪長は、初の女性怪員となるクラウン・ベリーさんに会いたくて仕方がなかったらしい(笑)
まだ行った事が無いと仰るので、島根県安来市の「鷹入の滝」に行くことにした。
案の定、雪があり(爆)木々の葉の隙間からポタポタと雫が落ちてくる最悪の状況の中の撮影会となったが、
怪長は、クラウン・ベリーさんから貰ったチョコをほうばり、終始、ご満悦であった(笑)

この滝のメインは↓の「一の滝」なのだが、構図的に一番撮るのが難しいという困った滝で、
傍まで近づける「三の滝」↑が、一番、構図的に変化をつけやすい。
本来このような写真は、滝撮影としては邪道なのだが、何回も来てる滝なので、同じレンズばかりだと、
飽きるてくるので、Voigtlander 15mmである(^^ゞ 

      一の滝

      

takesanさんの滝見珈琲を頂きながら、滝を眺める。雪の中なのだが、それほど寒さは感じなかった。
防塵防滴じゃない事が判明した濡れたCanon 5Dを、せっせと手入れするクラウン・ベリーさんを横目に、
防塵防滴のCanon 50Dを持つ、まっちゃんは、余裕の表情で、「ふっ」と笑みを浮かべていた(爆)
  ↑ どうも50Dも防塵防滴では無かったようである・・・やられた(-_-;)
特別なCanon X3(爆)を持つ、ぽん太さんは、「X4出るの早過ぎるよ」とプンプンだった(笑)
定期総会での、カメラ談議も、また楽しい^^ 

      

                 二の滝


・ Voigtlander SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical


                   平成の名水百選を見る - 鷹入の滝 (島根県 安来市) -


山陰の滝を見る - 蹄の滝 (男滝) (夏) - 





お祓いをしてもらった方がいいなどと言われて、ちょっと遠ざかっていた滝見に行って来た。
島根県安来市広瀬町に在る「蹄(ひづめ)の滝」である。

せせらぎ公園として整備されていて、ちょっとした渓流を眺めながら滝まで行ける。
安来市の滝の中では、滝までの道のりの景観が一番いい所かもしれない。
最近よく雨が降るせいか、普段は水量控え目なこの滝も、今回は豪快に流れていた。
別の滝を眺めているような錯覚を覚えるほど、印象が違ったが、このくらいの流れの方が、この男滝には
合っているように感じて満足であった^^






この滝には財宝伝説があり、某狂会のお偉い方が、スコップ持参で出掛けられたが、地元の人に諌められた
という逸話が残っている(笑)
苔具合も素晴らしく、某苔好きなお方も、喜ばれるに違いない(笑)




山陰の滝を見る - 蹄の滝 (男滝) (秋) -


(ちょっとした比較)


-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

山陰の滝を見る - 塩瀧 (伯太町) 2 (冬) - 



☆高速バージョン(笑)☆

これから夏になるにつれ、日差しが強くなり、低速シャッターが切れなくなるので1/200s以上で、
流れを粒状にしてみた。
この方が、暑い時はより清涼感が出るのではないかと思うのだが、どうであろうか^^ (苦肉の策とも言う)





※ほんとは、1/1000sぐらいで写すと、流れが止って岩肌に水がへばりついてる様な
  面白い写真が撮れるのだが、私の腕と機材では無理である (ーー;)

thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

山陰の滝を見る - 塩瀧 (伯太町) 1 (冬) - 



          

島根県安来市伯太町福富に在るトリビア滝「塩瀧」である。
  注) トリビア滝 = 一般の人は知らないマニア向けの滝 ヘー(笑)
伯太町・広瀬町どちらにも塩滝があるため、こちらの滝は案内板の記述に従い塩瀧として区別します。

ブログの記事にはしないつもりだったが、探すのに色々努力したので載せる事にした^^
続きを読む・・・に道順を書いたが、一般の人は無理に読む必要はありません(笑)
(なんかマニアックになってきたな)

なかなか立派な滝だが、角度のない分岐瀑で滝壺も無いところを見ると、普段は余り水量がなさそうである。
そのため、滝とは思わずに通り過ぎる人もいるのではないかと思われる。
道路がすぐ横に在る為、景観は悪いし、滝口付近にはなんと電線が通してある・・・ひどい・・・
しかし案内板と滝見小屋?があるのには、驚いた。

          

この滝も噂には聞いていたが、探せば色々、滝はあるものだ。

◎ 塩瀧(伯太町) (第28選)
   名瀑度  ・・・・ ★★
   滝見道難度・・・★(車の中から見える)
   落差   ・・・・・12m
-- 続きを読む --
thread: 自然の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。